トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

トルコ1〜4日目 エーゲ海地方

こんな感じでトルコを旅して来ました。
a0155659_172728100.jpg

O イスタンブール→C チャナッカレ →D グルピナル →E  ベルガモ →
F フォチャ →H オレン→L パムッカレ →M カッパドキア →N サフ
ランボル →イスタンブール 
東側半分の観光地を線で結んで走りました。

※以下、ローマ字表記はトルコ語表記ではなく、文字の上に点等がつきます。
  カタカナの地名は必ずしも現地名ではないかもしれません。)


イスタンブールでレンタカーを貸り、イスタンブールで返却。全走行距離3700km。

1日目 
イスタンブール昼着、レンタカー+フェリーで夜チャナッカレ泊。

2日目
すぐチャナッカレをでて、地中海岸沿いに南下。
私達好みの(人がいない、綺麗)ビーチを探して海沿いを走る。
海真っ青。
a0155659_16273953.jpg

途中ロバや馬がたくさんいました。
a0155659_16311719.jpg

小さな食料品屋で、水、果物、パン、おやつを買ってビーチに行く。
a0155659_1632525.jpg

ビーチを後にして走っていると、「APOLLON」という小さな看板が
あったので、追ってみた。
アポロン・スミンテウス神殿 The temple of Apollon Smintheion, Gulpinar 
a0155659_16357100.jpg

こういう遺跡が、ポンと建っている。観光場所として管理下されているよう
だが、周りに特に何があるわけでもない。
かつての古代都市クリスに建てられた、紀元前2世紀の神殿。

この後日も沈んできたので、海の方へ下り、トルコ人が夏に過ごす、海辺の
小さなペンションに泊まる。
波の音を聞き、潮風を受けながら、庭で穏やかな夕食・朝食をとる。寄って来た
野良猫と新鮮な焼き魚を分け合う。
夜、海辺を散歩していると、天の河がとても濃い事に気づく。

三日目
ベルガモに向かって、少し海から離れたところを進む。
a0155659_16393714.jpg

a0155659_1651161.jpg

ここも、牛やロバが道ばた、もしくは道のど真ん中を悠々と歩いている。
景色は広々とし、土地は乾燥していて肥沃。アメリカを思い出す。
道も、舗装された道路はきちんと整備されている。

アッソス
アッソス(ベフラムカレ)のアクロポリスを見に行く。海抜238mにあり、
紀元前6世紀にアテネ神殿が建てられた。眼下に広がる半島と湾の守り神と
しての役割を担ったのだそう。
重要な遺跡はドイツが持ち去ってしまっているが、眺めが素晴らしい。どう
してここに神殿を建てたのか、今も古代も変わらない人間の眼差しを感じる。
a0155659_16532560.jpg

↑この海を見て、海大好きのラテン人Mは「ここ降りてあの海にいこう!」と
猛烈にアピール。昼間の暑〜い時間だったのもあり、その後すぐビーチの方に
降りていき、喉の乾きを潤し、腹ごしらえをしてビーチにいく。
a0155659_824519.jpg

ここの街も観光地化されているが、小さく、風情があった。

夕方、ベルガモに向かって出発、夜到着、ベルガモ泊。夕食は疲れたし、時間も
遅かったので、街角のトースト屋でトーストを食べる。
トルコ版パニーニといった感じで、フワフワのソフトバゲットみたいなパンに、
ピリ辛のサラミ、レタス、トマト、マヨネーズ、ケッチャップをはさみ、粗挽き
唐辛子をかけて上からプレスしてかりっと焼いたもの。美味しくてびっくり。
その後トルコ滞在中は何かと食べたが、ここの優しいおばちゃんが焼いてくれ
たのが一番でした。たしかにトルコ人で朝から夜遅く迄賑わっていた。
また食べたいな。
午前:歴史の課外授業、ランチ、午後:体育(水泳)というカリキュラムが気
に入り、この後も地中海沿岸部はこんな感じで過ごすことにした。

四日目
現代の街を見下ろす位置にあるアクロポリス。
トラヤヌス神殿(確認中)
a0155659_16553375.jpg

a0155659_1659291.jpg

a0155659_1723865.jpg

劇場への階段と、急勾配にそびえ立つ劇場
a0155659_1763814.jpg

a0155659_1751547.jpg

a0155659_1781872.jpg

全部で、図書館、劇場、神殿(トラヤヌス、ディオニソス)、至聖所、競技場、
アゴラなどの遺跡がある。

医術の神アスクレピオスを祭った、聖所アスクレピオン。現代の病院の役目
を担っていた、聖なる場所で、保存状態がとてもよい。
a0155659_1715161.jpg

a0155659_172814100.jpg

a0155659_1726094.jpg

a0155659_1724924.jpg

炎天下で2つも遺跡を回ると、最後の方は頭も体もぐったり。
昨日のトースト屋でお昼を食べ、早目に出発、フォチャへ向かう。
フォチャは、トルコ人の中流家庭〜が夏に家族で過ごす、人気のスポットだそう
で、実際トルコ人ばかりのようだった。海の美しい小さな港町で、港はバカンス中
の家族やカップルで賑わい、とても温かく、なつかしい雰囲気。
その居心地のよさにすっかり惹かれ、2泊してのんびりすることにした。

(遺跡や地名は、後ほど調べてチェックします)
つづく♪
[PR]
by grande-chico | 2011-09-28 17:31 | 旅の日記