トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

臨月に入って・妊婦生活いろいろまとめ

a0155659_25518.jpg

一番最初にとったエコグラフィー(3ヶ月)。まだちっこいので、体全体が写っている。
気づけばもう、36週も終わり、明日から12月!!

家のまわりの素朴〜なイルミネーションがつきはじめ、お店もクリスマス仕様にキラキラしてきました。もうすぐクリスマス=出産ももうすぐ(予定日が12月25日)という実感がちょっとずつ・・・
来週から寒くなるらしいから、クリスマスぽくなるかな。

今まで暖かすぎて、さらに家の中がセントラルヒーティングで暖かいので、夫婦ともども夜中におでこを蚊に刺されて目をさますという始末・・・安眠妨害の憎きやつ。


先週、出産する病院へ初めて行き、担当になる先生と会ってきました。
普段見てもらっている先生の紹介で、詳しくは話が通っているため、簡単に経過などを話して、エコグラフィーと内診をして終了。異常なし、よかった。
「子宮が広がってきているし、お腹も下がってきているから、ちょっと早めの生まれるかもね〜」と言われる。
あ、そうですかーって聞いていたけれど、後で思えばちょっと早めって数日なのか、数週間なのか・・・?一応聞いておけばよかった〜

そんなこんなで、おちおちしてたらあっと言う間に生まれるんでは!?と思い始め、ずーっとやろうと思ってしていなかった、妊婦生活の記録をちょっとしておきます。
自分の覚え書き。

いままでの経過・・・

◆妊娠初期〜15週
常に気持ちは悪いが、一度も吐かなかった事を考えれば軽いつわり。また、早く治まる。

・特に朝に強い吐き気、胃の不快感、だるさ、のどの渇き、強い眠気。高温期のため熱っぽく風邪のような症状。
・匂いに敏感になる(出汁、玉ねぎのにおい、好きだった全粒粉が食べれなくなる)。
・3ヶ月過ぎた頃朝の吐き気が弱まり、キッチンに少しずつ立てるようになる。そのあといつの間にか吐き気がほぼなくっていた。
・食べている時が一番気分がいい(空腹時・食後が気持ち悪い)ので常に何かをつまむ→胃が疲れてムカムカ。
・4月24日〜葉酸(acido folico)を処方され飲み始める。その後、日本の市販のものを飲み続け中。
・トキソプラズマ陰性のため、念のため火の通っていない肉、サラミ、チーズ、生卵を絶ち、外食でのサラダ、皮のない果物類もやめる。家では重曹でのつけ洗いで対応。日本で刺身は問題なく食べる。


◆妊娠中期〜27週
時々夜に気持ち悪くなったり、疲れやすくなったが、体調すこぶる良し、異常なし。
貧血はあり。

・ウィーン、クロアチアでも体調良し。街を一日歩き回ったり、2時間くらい山道をトレッキングしたが問題なし。
・気をつけていたが、ビーチでの日焼けで肌に強い症状がでる。氷で冷やしてもかゆみで眠れない日が数日続く。旅行中だったためネットで調べて考えた上、こわごわ常備しているセチリジン(抗アレルギー剤)半粒服用。その後、皮膚科医などに確かめ、問題ない事がわかるが、症状は治まりその後服用なし。
・8月16日頃、スパにいる時にお腹にポコポコという動きを感じる。腸が動いているんだと思っていたら、後で胎動だということに気づく。
・帰国のフライト・・・足場の広い席にしてもらえ、すごく快適。大きな荷物を少し持ち上げる事も数回あったが、問題なし。
★日本帰国中
・食後の動悸が強くて気分が悪くなり、食後横になるようになる。
・お腹が張るようになり、買っておいたが忘れていたトコちゃんベルトをつけると、ものすごく快適でお腹が張らなくなる。その後、常に着用。
・立ちくらみがするようになり、貧血症状?
・美味しいものを食べているとき、お風呂に入っている時に赤ちゃんがよく動くようになる。食欲旺盛で食べているときの幸せ度MAX。
・日本での最初の検診で頭が下になっていると言われたが、2回目には頭が上に戻る。

  
◆妊娠末期(28週)〜36週末現在
体調すこぶるよし、異常なし。貧血あり。

・10月14日、7月から血液検査の結果で軽い貧血がでていて、その後の検査でも数値が良くならないので鉄剤を飲み始める。胃の負担を減らすよう、液体のものを処方される。数日、胃の不快感があったが、その後気にならなくなり現在も服用中。食生活でもほうれん草やひじき、赤身肉などを食べるようにしているが、よくならず。
・しばらくしんどくてやっていなかったパン作りやお菓子作りもしたい気持ちになり、再開。食欲も旺盛。
・食後、動いた時の動悸、息切れはあるが、少しずつ軽くなってきた?
・トイレに行く回数は、まだそれほど多くない。
・足をつることが多くなる。最近はあまりなし。
・寝る前のストレッチの際、右足の付け根が外れそうな激痛が数回起きる。最近はあまりなし。
・ずっと仰向けで寝ていたが、最近になってシムスの体位でお腹に小さなクッションを挟んでねることも。でも気づけば仰向けが多い。毎日7〜8時間超安眠。寝たいだけ眠れる。
・お腹の形がいびつなことが服の上からわかるくらい、ぐにゅぐにゅ動くようになる。36週末現在、狭そうだが胎動はまだよく感じる。
・ウォーキングの時間を取りたいが、余裕が日々の生活で体を動かすように。平日は、講座へ行く道で毎日ゆっくり20〜30分程度歩く。荷物があるのが難点だが、海の近くを歩くのはとても気持ちいい。一度1時間ほど歩いたとき、帰ってからさすがに疲れて爆睡したが、問題なく気持ちいい疲労感が残ったのみ。夜も熟睡。
・調理実習でのたちっぱなし2時間半〜3時間も、歩きやすい靴にして、疲れたら座るようにすれば、今のところ問題なし。終わると疲れはあるが、夜疲れて熟睡できる。
・今のところむくみ、便秘、腰痛等はなし。トコちゃんのおかげ?
・食欲はかわらずあり。
・体重増加は順調、現在+9.2kg (イタリア標準は40週で12kg)
・よくお腹が張るようになる。
・35週末でやっと入院のバッグの準備をする。赤ちゃんグッズもまだ少し買い足す必要あり。。。

a0155659_4172753.jpg

2週間程前、夫の妹の家に泊めてもらって週末をフィレンツェで過ごす。
それぞれ1歳半、3ヶ月の子どもがいる、ヴィチェンツァやボローニャの友達も集まり、食事したり散歩したり、2日間のんびり。

1歳半の友達の子が、ほんとうに手のかからないご機嫌な子で、マンマと離れてもちっとも気にせず、私と手をつないで歩いてくれる。
写真は、子どもの歩くペースと、妊婦の私のペースがぴったりで、あぁ子どもがいるってこんな感じなのかな〜とはじめて実感、の図。
あと不思議なことに、会ってすぐ、お腹の周りにこの子がまとわりついてきた。
何か感じるのかな??

3ヶ月の赤ちゃんのオムツ替えや授乳もみたり、友達と赤ちゃんの靴や洋服、おもちゃ屋さんをみてまわり、なんとなく実感が湧いてきた楽しい週末でした。1日中街歩きして疲れたけど、楽しかった!久しぶりの都市だし(笑)
3カップル+シングルの女の子に、赤ちゃん2人のこのグループ。遠くに住んでいてなかなか集まれないので、次会う時は赤ちゃん3人。楽しみだね!遊んでくれるかな〜。といって別れる。

フィレンツェはちょうど、気候もよくとってもいい季節でした。12月に入るとクリスマスでキラキラと華やかになるけれど、店はクリスマスプレゼントの買い物客でどこも大・大混雑で疲れるため。。。

* * *
ついでに、イタリアの妊娠の医療システムについても少し・・・
※私はトスカーナ州にいるので、トスカーナのシステム(地域によって多少違う模様)
既に記憶が曖昧だったり、勘違いもあるかもしれないので、覚えている範囲で。

a0155659_242379.jpg

妊娠したことを近くのConsultorioへ言って告げると、この"Libretto di gravidanza"がもらえる。
他に母子手帳のようなものはなし。
a0155659_244496.jpg

中はこんな感じで、切り取り線のついたチケットのようなものが十数枚。このチケットを持って、medico curante(主治医=ホームドクター)のところへ行き、サインしてもらう。サインがないと使えない。大体サインしてくれるのは一度に3枚くらい。

検査内容は、
◆初期
・7週〜 諸々の血液検査、尿検査(CUP)
Gruppo sanguigno e fattore Rh, testo di Coombs indiretto(1);esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;ALT AST;glicemia (7),creatininemia;VDRL TPHA;rubeotest, toxsotest(2);HCVAb(3);HIVab(4); esame urine.

・11週〜13週 エコグラフィー(Carraraの産婦人科)
Ecografia ostetrica

・12週  エコグラフィー、トリソミー21(ダウン症候群)のリスクをみる検査(Massaの病院での説明会の後、Carraraの産婦人科にて検査)(20ユーロほど)
Pap test(5)

◆中期
・14週〜17週 尿検査(CUP)
Esame urine

・19週〜21週 エコグラフィー(Carraraの産婦人科)
★予約がいっぱいでとれなかったのもあり、プライベートのエコグラフィー専門の医師に詳しい検査をしてもらう(150ユーロ程)
Ecografia ostetrica


・19週〜22週 尿検査(CUP)
Esame urine

◆末期
・26週〜27週 尿検査、血液検査(妊娠糖尿病の検査)(Carraraの病院)
朝一番に病院に行き、甘いシロップをコップ一杯飲み、空腹時の血糖値を1時間ごとに2回はかる検査。よくあるらしいが、途中で気分が悪くなりベッドに横にならせてもらっていたら、寝ていた・・・
Esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;esameurine


・30週〜33週 エコグラフィー(Carraraの病院)
Ecografia ostetrica

・31週〜32週 尿検査(CUP)
Esame urine

・34週〜36週 B群連鎖球菌の検査(膣内と肛門内のタンポン検査)(CUPで当日受付をしてからConsultorioにて検査)
★36週に行う。早めにいくと、もう一度やらないといけないらしい。
Tampone vagino−rettale con specifica ricerca di streptococco beta−emolitico

・35週〜36週  血液検査、尿検査(CUP)
Esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;HBsAg, PT(tempo di protrombina); PTT(tempo di tromboplastina parziale);fibrinogeno; esame urine

・38週〜39週 尿検査(CUP)
Esame urine

・40週 ノンストレステスト、エコグラフィー (出産する病院にて)
Cardiotocografia(NST),Valutazione ecografia del liquido amniotico


*尿検査、血液検査は家からすぐのCUPにて(Prelievo朝9時まで、検査の引き取り10.45〜12.45)
*エコグラフィーなどの病院での検査は、まずUSLに行って受付を済ませる。

イタリアは医療は基本的に無料のため、上記の検査も費用が書いてあるもの以外はすべて無料。
私は+知り合いのプライベートの産婦人科医に1ヶ月に一度くらいのペースで行き、検査結果のチェックや、アドバイスをもらったり、エコグラフィーをしてもらう。
プライベートの産婦人科医にかかる場合は自費のため、医者によるが一回の診察につき100〜150ユーロだとか。

日本で2回産婦人科医にかかった時も、区からの援助でほとんど費用を払わなかったけれど(イタリアで時期を逃してしそびれたトキソプラズマの検査のみ自費)、イタリアでも今のところほとんど費用を払わずに済んでいます。ちなみに出産費用も無料。
日本と違って、予約、検査、診察を全部ひとつの場所(病院)でできるわけではないので、慣れるまでよくわからず面倒だったけれど、慣れればそんなに悪くないシステム。
むしろ、イタリアの病院システムの悪評ばかり聞いていたので、なんだ機能しているじゃん、という感じ。
でもトスカーナはヨーロッパの中でも保健水準がかなり高いと聞いたので、地域によるのか・・・?

ただ、エコグラフィー類は予約が必要なため、早めにする必要あり。検査する週数が決まっているため、夏休みとか特殊な時期にひっかかると予約がとれない可能性が多いにあり。

明日は出産する病院で心電図の検査、来週頭には無痛分娩のための麻酔科医とのアポ、B群連鎖球菌の結果が出たらプライベートのクリニックでの診察の予定。
すべて条件がそろえば、水中出産(色んな条件がそろわないとできない)、無理であれば普通分娩で、我慢できなければ無痛分娩(ヨーロッパでは主流)を私は希望中。

今日12月の予定が出て、講座が19日まであるので、いつまで通えるかな〜と思っているところ。
元気に生まれてくれればもちろん何でもいいんだけれどね、今のお勉強がとっても楽しいから、クリスマスのお休みくらいに出てきてくれると嬉しいんだけどなぁ〜とお腹に語りかけ中。わがままなマンマ・・・
すこぶる元気な私も、そろそろ腰痛等の症状が出てつらくなってくるのか?
そして、どんなお産になるかな??
残りの期間をめいっぱい楽しみますっ

a0155659_1561140.jpg

靴下、ちっちゃいねぇ・・・
[PR]
by grande-chico | 2012-12-01 04:26 | 妊婦生活