トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

ミラの風邪と、紅茶入りバナナマフィン

a0155659_17135414.jpg

ここ1ヶ月位ミラがずーっと風邪を引いていて、夜中に咳で起き、痰がきれなくて吐いたりする日々でした。
つまり、夜中に吐く→身体を洗ってパジャマを変える、シーツを変える→寝かしつけで1時間位はすぐにたってしまう。
運が良ければ洗面器でキャッチできるけど(キャッチするとガッツポーズが出る感じ)。
ミラは基本的に生後2ヶ月くらいから、夕飯時から朝までほとんど起きずに寝てくれていたので、ありがたいことに寝不足とはあまりご縁がありませんでした。

そんなわけで、ここ数週間、咳をするとびくっと起きる日々で、慣れていない分、疲労蓄積中(笑)。
でも最近はかなり疲れていて+元々眠りが深いのもあり、夜中の記憶があまりなし、夜起きれない・・・。
ミラが咳で起きると、かなりの確率でパパが起きて、だっこしてソファで寝かしつけてくれています。
パパ毎日仕事で朝早いのに、ありがとう。
そのうち、ミラは何かあるとマンマじゃなく、まずパパの所にいくのでは、と思う。

***症状メモ***
11月15日、19日小児科受診
38〜40度の熱が数日続き、数回タキピリン(解熱剤)をあげる。
・Bentelan 0,5(錠剤、水に溶かしてあげる)夜、朝、夜3回
・Veclam(抗生物質、シロップ)60ml7日間 いやがってなかなか飲まないので苦戦。
・鼻の洗浄
・目やにが出たので目薬処方してもらったが、結局使わず。

朝目が覚めたとき、身体がものすごく熱く、目やにで目があかないのを見た時はかなり焦る。
そのあとすぐ小児科医にきてもらい、痰がいっぱいで、喉もひどい炎症を起こしているとのことだった。
でも基本的に熱が40度あっても、普段とくらべてぐったりはしているものの、機嫌よく遊んでいる。
食欲もあり、普通に食事。水分を多めにあげる。夕食は咳で戻す事が多かった。

経口だとかなりの確率で戻すため、数回は座薬を使用。
Veclam(抗生物質)の量は体重に比例して変わる。おじいちゃんから抗生物質の量は若干多めに(出してしまう事が多いのもあり)、日に2回処方されていても3回あげても大丈夫、むしろその方が治りがはやくなり、体力を消耗しなくてすむよ、と勧められる。でも結局Veclamはあげるのに苦戦するので、ほぼ処方通りにあげる。
***

お義父さん、叔母さん、夫の妹、ベビーシッターさんとあらゆる人に風邪をうつした模様。しかもかなりひどい風邪だったみたいで、おそるべし乳児の風邪。

私もここ数日の寝不足に加え数日前から体調悪し。熱はないけど、喉の痛み、ひどい頭痛(ミラが最近かなり重くなってきたので、肩こりからきてるかも)でずーんと身体がだるい。

昨日の夜も具合が悪く、さっさと寝ようと準備をしていたけれど、やりたいこと、やるべきことが全然できないことにもんのすごくイライラしていて、夜に思い立ってお菓子をつくる。お菓子もパンも、もうしばらく思う存分つくっていない。

結局夜11時に始め、キッチンを片付け、お菓子が焼き上がったのは12時。
焼き上がるいい香りと、何かを夢中でつくるという作業でイライラが収まる。お菓子はさましたまま、キッチンに放置。

朝、つくった紅茶入りバナナマフィンで朝ご飯。
放置しちゃったから少し乾燥気味だけど、やっぱり自分でつくったお菓子で朝ご飯ができるのは幸せ。

急いでつくったから上出来じゃないけど、素朴でほっこり。このあとお友達にお裾分けしよう、るんるん♪
喜んでくれるといいな。

保育園でも風邪が大流行中。ママのみなさん、気をつけて。
頑張って冬を乗り切りましょう・・・!

今日は授業が午後からだから、久々に少しゆっくりできて嬉しい。ついでにちょっとブログのスキンも変えてみる。(ってほんとはこんなことしている場合じゃないんだけど)
さぁ家をちょっと片付けて、勉強して、時間があったらメルカートで野菜を買いにいこうっと。



[PR]
by grande-chico | 2013-11-27 17:59 | 成長日記