トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

2010年 09月 14日 ( 1 )

アブルッツォとトスカーナ〜リグーリアの海

夏を振り返ってみて…
気がつけば、今年ビーチに行ったのはメキシコでの3日間だけで、あとは
遠くから眺めただけ。
イタリア人は夏はパラソル付きのスペースを借りたりして、せっせとビーチ
に通い、日焼けにいそしむのが大〜好き。
特にビーチがすぐ近くの環境なので、私みたいなのは珍しいようです。
「だって近くのビーチは混みすぎだし、暑いし、海より山の方が好きなのよね」とは大きな
声ではいいづらい。笑

今年の夏訪れたのは、
アブルッツォ州のバストの海
a0155659_2157266.jpg

バストはマッシモが子どものころ、おじいさんの兄弟の夏の家があり、家族
みんなで訪れていたそう。毎日、おじいさんと長い散歩をして、家の脇の細
い道を下っていくと広っている海辺で、日が暮れるまで遊んだとのこと。
マッシモ曰く、バストで「海が何かを知った」のだそう。
おじいさんの兄弟の家で夏を過ごすとは、イタリアらしい〜。

7月に友達の結婚式が近くの街であり、せっかくだから、と帰りにバストへ
寄り道。今では誰も知り合いがおらず、トスカーナからも離れているので行
く機会もなく、10年ぶりの訪問。記憶をたどって、その夏の家に辿りつき、
現在その家に住み、おじさんを知る人と話をすることができました。

雄大な海と、時間とともに失われた、たくさんのもの。
昔話によくでてきた場所を、実際に訪れるのはとても不思議でした。

戻って、トスカーナ〜リグーリアの海。
こちらは世界遺産チンクエ・テーレ(「5つの大地」という意味)付近。
a0155659_22311268.jpg

a0155659_22321042.jpg

海岸線の絶壁にはカラフルな建物が所狭しと並び、そして斜面の上のあたり
にはぶどう畑が広がっています。

特に有名なのが、甘口ワインCinque Terre Sciacchetrà DOC(シャケトラ)
収穫後、乾燥棚で約二ヶ月かけて自然乾燥させることで糖度が濃縮したぶどう
を、12ヶ月以上熟成させてつくります。
鮮やかで深みのある琥珀色で、オレンジピールやイチジク、アプリコットなど
を感じさせる濃厚な香り。どっしりとした甘みのバランスは、厳しい環境で育
てられたこの土地のぶどうならでは。
同じ品種(ボスコ・アルバローラ・べルメンティーノ)で作られている白ワイ
ンもとても美味しい。

a0155659_22471584.jpg

船から陸を眺めるのもまた楽し。
この日は知り合いの素敵な船に乗せてもらい海のピクニック。
港町に近づくと、水が濁ってくるけれど、少し離れた所では、ハッとする深い色
をしている場所がまだまだたくさんあります。

夏の海はそろそろおしまい。また来年も美しい海がみられますように。

今週末は、秋を感じに久々に山の家へいってきます♪
[PR]
by grande-chico | 2010-09-14 22:56 | イタリアでの日々