トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

カテゴリ:近くの素敵なところ( 2 )

Palazzo Binelliビネッリ邸@Carrara

Carraraのチェントロの歴史ある素敵な建物をご紹介・・・
a0155659_511384.jpg

中庭より。アンフィテアトロ(半円形の劇場)になっていて、夏なんかはよく講演やコンサートのイベントをしています。

Palazzo Binelliパラッツォ・ビネッリ(ビネッリ邸)。
元々は大理石の山を所有していた一族の邸宅が、1921年にイタリア銀行のものとなり、美術高校になり、そして1995年までアッカデミア(カラーラ美術学院)だった建物。
その後、Cassa di risparimio di Carrara というカラーラの地方銀行の財団の本拠地として、大規模に改修されて昨年の夏に完成しました。
珍しくカメラを持っていたので、少しご紹介。

a0155659_5235843.jpg

カラーラのシンボル・車輪(大理石を運ぶため)
a0155659_527458.jpg

a0155659_5274121.jpg

1階のカンファレンス・ルーム。天井のこの細やかな細工・・・

a0155659_5291667.jpg

主に2階は、カノーヴァ、トーヴァルセンをはじめ、名門アッカデミアの名を築いた地元内外のアーティストの貴重な石膏像が展示されています(アッカデミアのコレクション)。
a0155659_5493429.jpg

↑一番好きな作品
a0155659_551790.jpg

a0155659_5515073.jpg

天井も床も凝ってます
a0155659_5522889.jpg

a0155659_642517.jpg

階段部分。天井にはムラーノ(ヴェネツィアン・ガラス)のアンティークのシャンデリア・・・

昨年、カラーラの日本人アーティスト達が中心となって日本の復興支援のため、大規模なチャリティーイベントを行った際、この財団がかなりの作品を買ってくれました。
その日本人のアーティストの作品、そういえば見かけないな、どこだろう?と来る度に思っていたら・・・
a0155659_6133737.jpg

会長室でした。なんて贅沢。
a0155659_618925.jpg
a0155659_6173770.jpg

a0155659_6272333.jpg

a0155659_6354496.jpg

天井装飾
a0155659_3561511.jpg

秘書室(だったかな?)のアンティーク家具。
a0155659_3572735.jpg

a0155659_358249.jpg

こういう、クラシック×モダンな組み合わせ、すごく好み。
最上階は・・・
a0155659_40399.jpg

立派な梁に、大理石でつくられたカラーラ伝統のScacchi(チェス)柄の床。
そして透明のしきりに、モダンな照明。こういうの、すっごく好き!
新しい家の玄関は、いずれScacchi模様にする予定♪
a0155659_443150.jpg

日本には綺麗でモダンなオフィス、最高の眺めのオフィスはごまんとあれど、こういう古いものと新しいものを融合したオフィスはほぼ不可能。いかにもイタリアらしい。
こんなオフィスで働きたいな〜。
会議室
a0155659_547342.jpg

カラーラの大理石の世界を描き続けた、カラーラのアーティストSergio Vatteroni(セルジョ・ヴァッテローニ)のリトグラフィーが壁を囲んでいます。
a0155659_5485178.jpg

a0155659_5554099.jpg

a0155659_5561171.jpg

a0155659_652037.jpg

あれこれって?!と思ったこの彫刻、
a0155659_644326.jpg

よ〜くみたら、ダリでした!
a0155659_558882.jpg


事務所以外の部分はたしか、一般公開されていたかな?
夏なんかのイベントの時は必ず公開されていると思うので、カラーラに観光にくる場合は、立ち寄ってみてほしいおすすめの場所です。
[PR]
by grande-chico | 2012-11-25 06:05 | 近くの素敵なところ

Isola Santa "聖なる島”2.

水源の方へ歩いて行くと・・・
建物の壁と思われるものがあったり(ダムに沈んだ建物かな?)、
a0155659_5531489.jpg

洞窟?があったり、
a0155659_556012.jpg

a0155659_557049.jpg

海みたいな色・・・
a0155659_55835100.jpg

ちゃんと歩道になっていて、溜め池?になっていたり、綺麗な手すりがついている。お手入れされていて気持ちが良い(右側は連日の雨のせいで崩れているのと、工事途中なんだと思う)
イタリアはどこの市も大体お金が無くて、田舎に行くと特に、公道なんかはボコボコのひどい道だったり、土砂崩れがあっても何週間もそのままだったりする。だからこういうのを見ると余計嬉しくなる。
a0155659_64284.jpg

手作り感あふれる水道もね(右↑)。
a0155659_661940.jpg

a0155659_652161.jpg

この辺は川、という感じ。
a0155659_67510.jpg

水はこの岩の間から流れて来ている。
a0155659_692028.jpg

蜂が忙しそうに蜜を集めてまわっていました。
a0155659_6104756.jpg

これは、多肉植物?かわいい。
a0155659_610641.jpg

良い「気」がたくさん感じて、いっぱい深呼吸。
雨の後の土のいい香り。

a0155659_6131353.jpg

30分くらい歩いて、村に戻って、お腹すいてないけれど、寒いし、紅茶に
クッキーで一休みしようよ、と看板を見てお店の中に入る。日曜日なのに開いているこの奇跡!

a0155659_6182275.jpg

お店の中は、
古い天井に木の棚にガラスケース、業務用っていう感じのステンレスのキッチン。すきだなぁ、こういう雰囲気。
古い家をレストランに改修しました、別に洒落っ気をだしたわけじゃなくて、使えるものを残したら自然とこうなりました、みたいな。
ある意味私の理想のキッチン。

全然お腹すいてなかったのに・・・・
隣のお客さんにつられて、
「やっぱ紅茶やめて、アペリティーヴォお願いね!」
a0155659_6355164.jpg

やめときゃいいのに、2人分。
イタリアに旅行に来る皆さん、アペリティーヴォは2人で1人前にしましょう。
ま、いっか〜 かんぱ〜い!

ちなみに、紅茶のお供にしようと思った、カントゥッチ(トスカーナでビスコッティのこと)も素朴で美味しそうだった。

看板には"CASA del Pescatore"漁師の家とある。
B&B、レストラン、漁の許可をもらうところ、らしい。夏はお客さんで賑わうのかな。多分Isola Santaで唯一の施設なんだと思う。

よく見たら、外にテントがあってテーブルが並べてあった。
蚊がすごそうだけど、水辺で食事する夏の夜、気持ちいいだろうな。

a0155659_643885.jpg

赤縞猫さんが、見送ってくれる。
ノラが何匹か生息しているらしい。みんな元気そうだったし、人懐っこい。
きっと、近所の人が世話をしてくれているんだ。よかった。

今度は、おべんとう持って、川沿いに歩いて、あのお店に行こうね(食べてばかり)、となりました♪
もしかしたら、夏祭りとかもあるのかも。


友達が遊びにきたら連れて行きたい場所が、また一つ…*
[PR]
by grande-chico | 2012-04-25 06:24 | 近くの素敵なところ