トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

カテゴリ:山の家( 20 )

ルニジャーナの春

4月末に山の家に行った時の写真ですが。。。
ここのところ本当ドタバタの日々で、下書きに保存したまま、アップできずにいました。

うちののっぽ桜が綺麗でした。
ことしも指をくわえてさくらんぼを眺めるんだろな。
a0155659_23482058.jpg

a0155659_23482389.jpg

道端のプリムラも、庭いっぱいのスミレも、ひつじも…山の遅い春をよろこんでいるみたい。
そうそう、プリムラってイタリアにきてから、もとは野生の花なんだと知りました。イタリア語でPrimula。"prim"はprimavera(春)にあるように、はじまりを表す接頭語。うつくしい響きで大好きです。
a0155659_23492891.jpg

a0155659_23492758.jpg

a0155659_23493021.jpg

a0155659_23493461.jpg

a0155659_23493667.jpg

a0155659_23493827.jpg

[PR]
by grande-chico | 2013-04-30 23:42 | 山の家

海と雪の積もる山と

今週は火曜日からずっと雨のようだけれど、先週末はすっきり晴れ渡って、ポカポカと暖かい最高のお天気でした。

a0155659_23245415.jpg

土曜日はミラをベビーカーに乗せ、マリーナへ散歩。犬の散歩中だったいとこと途中で合流。
海辺にはたくさんの子ども・犬連れがいて賑わっていました。

日曜日は家のチェックがてら山の家へ。
a0155659_23245556.jpg

a0155659_23245616.jpg

雪が積もってましたー!!
a0155659_2325029.jpg

来年の冬は一緒にそりで遊べるかな〜♪
a0155659_2325246.jpg

家のチェックをしていつものレストランでお昼を食べて帰る。

ミラを連れて山の家に行くのは今回で三回目(といっても車とレストランで寝てただけだけど)。
暖房がいらなくなるくらいあたたかくなったら、泊まりにきて芝生でゴロゴロしよう!と夫と春を心待ちにしています♪
[PR]
by grande-chico | 2013-03-07 01:34 | 山の家

秋です

先週末の山の様子・・・
a0155659_3185152.jpg

a0155659_3195665.jpg

家はまだ暖房はいれておらず、ひんやり。外の方があったかいくらい。
なので家にいる間は、なんでも暖炉前に持ってきて(読み物、アイロン、食べ物 etc.)
暖炉前の椅子にへばりついています。
朝、寒い〜(といっても、まだまだ序の口)といいながら起きてきて、夫がつけてくれた暖炉の前でこれまた夫がBarで買ってきてくれたパスタ(クロワッサン型のパティスリー)と紅茶の朝ご飯を食べるのが寒い時期の楽しみ。
寝坊しない時は一緒にBarへ(日本の奥さんはすごい)。あ、ちなみにBar朝ごはんは週末だけの楽しみ。平日はもう少しまともに栄養とってるので、ご心配なく・・・

散歩中に出会った動物たち・・・
a0155659_5425024.jpg

鶏脱走中。追いかけるとおしりフリフリ全速力。
どうやらここから逃げたらしい(よく見ると左端、猫が鶏を狙っている)。
a0155659_5441373.jpg

猫にもたくさん出会う。
a0155659_545623.jpg

a0155659_5455590.jpg

たいていは呼んでも知らんぷり、追うと逃げることが多いけれど、中にはご機嫌な猫さんも。

今年の春くらいから、山の家にくる度に玄関に猫のごはんを置いている。
たいていは夜にごそごそと、数匹の野良猫が食べにくる。
その中の一匹だけは、人懐っこい猫で、呼ぶとゴロゴロとすり寄ってくる。最近は、勝手に家の中にもはいってくるように。
そういえば、夏に庭に面した部屋でアイロンをかけているときに、庭をよくうろうろしていたのも、この三毛猫。
夫が庭作業をしていようが、大きなもみの木の下を陣取ってくつろいでた。
a0155659_555125.jpg

ちょいとあがらせてもらうよ

野の花が可愛い
a0155659_5575994.jpg

これが、いつもレストランでフリットで食べているボッラージネ。
可憐な青い花(だが、いつも美味しそう、と条件反射する夫とワタシ)
a0155659_5583582.jpg


季節のおやつ。
a0155659_603946.jpg

夫のお父さんが大好きな、なしのシロップ漬け。
お酒が好きな人なので、たいてい余った白ワインかシャンパン類で煮込むけれど、今回はなかったのでお水+レモンとヴァニラのさや。
恒例の日曜日の夜の夕食@おじさん宅に持っていき、+キャラメルナッツを加えたアイスクリームを添えて。
すぐなくなるので、3〜4kg瓶詰めにして、今年もお父さんにプレゼントしよう。
[PR]
by grande-chico | 2012-10-25 03:32 | 山の家

きのこ三昧・栗ちょびっと

a0155659_1803561.jpg

赤いきのこ♪写真ひどいけど、本当にべっぴんさんでしたー

週末、山の家に行ってきたら庭がすごいことに・・・
a0155659_1814658.jpg

夏は雨が全然降らず、カラッカラだったのに、秋になってから雨がよく
降ってます。それゆえ、日陰部分の庭にきのこがもさもさ。
a0155659_186094.jpg

お化けみたいな白いきのことか、↑こういうのは食べられない。

ちなみに、ここは香り高いポルチーニの名産地。
その上、この日陰の庭にあるのは全部松の木。でもポルチーニは生えない我が家・・・残念すぎる。
一度大きすぎるポルチーニを庭に廃棄して、菌が育たないかやってみたけど、
だめでした(笑)


a0155659_188567.jpg

一方で、これはPinaroliピナローリという、食べられる美味しいきのこ。
フリットにしたり、パスタソースにしたり。
夫のおじいちゃんおばあちゃんも食べていたから、きのこの生える場所というのは変わらないのね。
雨が降ってたから、あとで採ろうと思っていたらすっかり忘れて帰ってきてしまいました。
また来週ね〜。

家の近くにある行きつけのレストランにて。
a0155659_18182556.jpg

山の家に行くと、一食はここ(私たちはda Marco"マルコのレストラン"と呼んでいる)に行って食事を楽しむのだけれど、季節の食材を使って、いつも何か新しいメニューを出してくれる。
前回の新メニューは、セコンドで じゃがいもとポルチーニを炒めたもの。
秋の香りを満喫。
a0155659_18235859.jpg

一方これは、私たちの大好きなアンティパスト、Borragineボッラージネのフリット。
田舎のレストランならではのメニュー。
Borragineは青い星形の花と、白い産毛に覆われた茎、葉っぱを持つ野草。
日本語では「ルリチシャ」(私は日本ではみたことないのだけれど)
ラビオリの詰め物にも使われます。

山の家では12度位まで下がっていたので、一週間前からこの秋初めて暖炉をつけました。あ〜冬の香り。
天気が悪かったけれど、気分転換に散歩も。
a0155659_18301814.jpg

羊も元気。

一方、お楽しみの栗はというと・・・
a0155659_1833855.jpg

私たちがstrada delle castagne栗の小道と呼んでいる、栗林が続く道。
ここで毎年栗拾いをしているんだけど、今年は栗が全然ない。。
a0155659_18382284.jpg

いつもは、1mも前に進めないくらい地面に栗がぎっしり、30分もすればビニール袋2つにずっしりなのに、今年は30分で500gくらい。
数年前から猛威をふるっている、中国からの虫害で木がやられているのに加え、夏の間に雨が全然降らなかったせいだとか。
実際木をみても、イガ自体がものすごく少ないし、落ちている栗も粒が小さかったり、虫にやられていたり。自然の法則とはいえ、本当に残念。
ちなみにオリーブの木も、中国からの虫害で実が全然なっていないとか。
a0155659_18451387.jpg

来週も探してみるけれど、かわらないんだろうな。。。
友達と栗拾いを一緒にしようと楽しみにしてたけど、これじゃお誘いもできなそう。

渋皮煮を楽しみにしてくれている家族はどうしよう。
このちょびっとの栗で作るか、お店で買い足すか、それとも栗ごはんにしちゃうか・・・
ここの栗は、とびきり美味しくて、また拾いたてだから皮もするする剥けちゃうのです。
買うのは嫌だなぁ・・・

う〜ん。
[PR]
by grande-chico | 2012-10-15 18:54 | 山の家

アイロンしごと

日本もなかなか暑そうな天気が続いているようですが、トスカーナもグラニータが美味しい日々です。
a0155659_1501121.jpg

今はかなり青くなってきている紫陽花

基本的に寒がり・東京の暑さの中で育った私には、建物に入ればまだまだ序の口の暑さ。夫は「あ〜つ〜い〜」と毎日のびています(暑さに弱い)。
普通のイタリア家庭と同じく、クーラーがない我が家は、これまたみながやるように夕陽のばっちり当たるリビングと寝室の雨戸を閉めて過ごしています。これだけでだいぶ涼しい!
リビングにいる時はさすがに暗いので雨戸は4/1くらいあけて、窓は全開。

日本にいるとき、すだれ等をかけても日中に雨戸迄閉めることはなかったような・・・
日本の雨戸はほぼ金属製で完全遮光だからなのか(イタリアのは木製などで、日や風が少し通る)?このイタリアの生活の知恵、おすすめです。
おそらく日本は湿度が高いから、遮光だけでは効果は低いんだろうけれど。。

そんな夏の日々発見した、最近のお気に入りはこちら。
a0155659_1491947.jpg

真夏のアイロン掛けはつらい・・・クーラーないし・・・
そこで、アイロンごと山の家に持って行ってみた。
山の家では、必要最低限以外の家事はしないので、のんびり。その時間を使って、週末まとめてアイロン掛けしたら気も楽なんじゃないかと。

おばあちゃんが使っていた古いアイロン台をひっぱりだし、半地下のひんやりしたカンティーナ(庭につながっている)でDVDを見ながらアイロンしごと。
野良猫が遊びにきてくれるのを眺めたりしながら。これが大正解、かどるはかどる♪
ということで、アイロンごと山の家においてきました、すっきり!

イタリア人は靴下からシーツまで、あらゆるものにアイロンをかける。最初は「無駄!無理!」としか思っていなかったけれど、あるときシーツにアイロンをかけてみたら、アロマオイルも香ってホテルのような寝心地(普通はアイロンかけるものなの??)。それ以来、余裕があればやるようになりました。
心に余裕があってやるアイロン掛け、特にシーツなんかの大物はすっごく楽しい〜。


a0155659_1481922.jpg

山の家にいたとき、かなり肌寒かったため夏だけどミネストローネを食べました。
a0155659_147440.jpg

新鮮なお豆は最高、剥くのも楽しい・・・
a0155659_1462548.jpg

あとは、朝食用のコーンフレークのクッキーをつくったり、
このクッキー、おばさんに教えてもらったんだけれど、たまたまイタリアのレシピをみていたら同じ様なクッキーが乗っていて「砂漠のバラ」という名前が付けられていた。砂漠の様なコーンフレークの山のなかにあるチョコやレーズンがバラ、といったところね。星の王子さまみたいな、可愛い名前♪
a0155659_1435473.jpg

大量にあったさくらんぼでシロップをつくったり。
なんて可愛い色なんだろう。120%乙女な気分に浸れました。
[PR]
by grande-chico | 2012-07-27 02:47 | 山の家

今年もバラが&サッカー

ここのところトスカーナも30℃を超え、暑い日が続いているので、
だいぶご無沙汰だった山の家に、また週末に通いはじめました。

暖炉の前で過ごす冬も好きだけれど、夏はまた極楽。
家はひんやり涼しいし、木陰に入れば良い風が通って・・・

今年もまた、バラが。
a0155659_20535964.jpg

a0155659_20545396.jpg

夫のおじいちゃんおばあちゃんが植えたバラは、ほぼなにも手入れをしていない
のに毎年可愛い花を楽しませてくれる。

ここ数日、雨が降っていないのでさすがにやや元気がなかったけれど、
ちょっと水やりをしたらすぐに元気一杯に。
でも何か手入れをした方がいいのかなぁ・・・?
a0155659_20545517.jpg

紫陽花ももうそろそろだね。

今年は余裕がなくて、畑もガーデニングも何も手つかずのまま。
可哀想な畑、また荒れ放題。パセリは花を咲かせてしまった。。
寄せ植えのガーデニングからなら、手をつけられるかなぁ。

a0155659_20561293.jpg

緑のトンネルの散歩道も、すっかり夏のにおい。

* * *
ここのところ、サッカー ユーロ2012でイタリア大盛り上がり。
先週日曜日には、対イングランドで0ー0でPK戦までいき、イタリア勝利!ピルロの超絶PK!!

昨日木曜日には、準決勝で対ドイツ戦。
なんか異様に盛り上がってるな〜と思っていたら、サッカーにはとんと疎い私に夫が、そのわけをものすご〜く嬉しそうに説明してきた。

イタリアとドイツは70年代から世界大会で何度か対戦して来たけれど、ドイツはイタリアに一度も勝てた事がない。しかもいつも、大敗。ドイツでのワールドカップの時も、ホームで屈辱の惨敗。
一方イタリアは、ドイツに対して劣等感を抱いている。

国民の勤勉さとかまっとうさとか、国の経済的なパワーとか、平均したレベルは明らかにイタリアは追いつけないって事なんだろう。たしかにイタリアって言う国は、平均は低いけど、点レベルでみると、飛び抜けた才能を持つ人がいて、それは世界レベル・・・っていうイメージ。
日本はみなさん秀逸して高い平均レベル、イタリアなんて足元にも及ばない。でも点を比べようとすると、ちょっとくすむ、って感じがする。


あぁゲーテもイタリア旅行記で言っていた、「ドイツ人はイタリアを愛するけれど、尊敬はしない」、そしてその逆もしかり、と。←※たしかこんなかんじ?
だからこそ、ドイツに勝つというのは、も〜嬉しくてたまらない、らしい。
そして、いつも「次こそは雪辱をはらしてやる!」と挑んでくるドイツをまた下すのがまた嬉しくてたまらないらしい(もはや悪ガキレベル)。
というわけで、対お隣フランスでも、いとこのような対スペインでもなく、ドイツ戦がより盛り上がる、とか。

で、昨日2−1でイタリア大勝利で決勝進出!ドイツの1点は最後の数分の気の緩み。あ〜なんともイタリア

うちの前の車の通りが多い大通り、試合時はだ〜れもいない。
時々通る車は、笑えるくらい猛スピード(「サッカ〜!間に合わん〜!!」)。
近所中から聞こえる、テレビの大音量、それに負けない雄叫び、地団駄、呪いの言葉etc...
試合に勝てば、延々とクラクションを鳴らし、国旗を持って凱旋する車にバイク(寝れない)

あ〜この国って、こうだよな・・・と思いつつ私ももちろん応援。
決勝は日曜日!
[PR]
by grande-chico | 2012-06-29 23:32 | 山の家

ワインのエチケットを食べたのはだれ?

ここのところ用事があったり仕事があったりで、山の家に行けていません。
先日、暖房を切るため&様子見のため日帰りで行って来ました。

その時、発見したもの…
a0155659_003760.jpg

えっワインのエチケットがびりびり、あるいは無数の穴…喰われた!?
しかも古いボトルばかり。
紙喰い虫?ねずみ?羊じゃあるまいし。
a0155659_02434.jpg

だってカンティーナ(ワインセラー)はこう↑なっていて、ワインと穴の間には
小さな隙間しかない。初めてのことに家族みなびっくり。

ねずみってこんな隙間にはいれないでしょ、と思っていた。
それで、色んな人にきいてみたら、極小のねずみらしい。
可哀相だけど退治してもらうことに。

a0155659_033249.jpg

庭ののっぽ桜、咲いています。
手前の桑の木が重さに耐えかねて傾いてきたので、可哀相だけど伐りました。
隣の桜の木の枝も一緒に切られてしまい、地面の上においてあったので、
枝をたくさん家に持ち帰りました。
新芽と桜、両方元気に花瓶の中で咲いてくれています。
a0155659_041855.jpg


4月に入ってから寒いトスカーナだけれど、山もゆっくりと若葉色に
染まって来ています。
[PR]
by grande-chico | 2012-04-23 00:25 | 山の家

夏時間になりました

先週の土曜日と日曜日の間に、夏時間になりました。
a0155659_1635385.jpg

時計の針が1時間進んで、日がぐんと長くなりました。
これから、気づいたら夕飯の支度をする時間だった!という日々が始まります。
日本との時差は−7時間。

暖かくなったということで、日曜日に暖房を切るため(水道管が凍らないように、低い温度で暖房をつけっぱなし+水道管の水をすべて抜いて家を留守にしている)、山の家の様子を見に行く。

小さなスミレが庭にたくさん咲いている。
砂糖漬けにしてお菓子の飾りにしたいな、と思いつつ、車での移動時間にしわ〜と
なる姿を想像すると、切なくなりいつも摘むことがなきない。
a0155659_16374346.jpg

茶色で寂しかった庭に色が戻り、マルゲリータ(フランスギク)や小さな黄色い花
がたくさん。ついでに落ち葉や枝で荒れ放題の庭を簡単に掃除。
a0155659_16371450.jpg

羊もなんだか楽しそう。気のせい?

もうすぐ、羊達の受難の季節、パスクワ(イースター)。。。
[PR]
by grande-chico | 2012-03-27 17:11 | 山の家

大寒波が居座り中

寒い〜!ここ2週間ちょっと、本当〜に寒いです。
a0155659_7481998.jpg


家はトスカーナの海沿いの北端で、めったに雪が降る事のない所だけれど、
雪も降り、毎日2、3℃、朝晩は氷点下という日が続いています。
イタリア北部では色んな被害が出ていて、毎日雪のニュースばかり。
a0155659_7583317.jpg


そして山の家・・・先週末は久々に泊まりで行きましたが、10日以上前の
雪がまだかなり残っています(写真は降った数日後)。
それもそのはず、車の温度計をみたら、夕方で−8℃。昼間でもー3℃くらい。
家は、水道管が凍結しないように、5℃に暖房をつけっぱなしにして(+万が
一のために水を全部抜いて)いたものの、それでも寒い。
暖炉にへばりついていました。もう、ベットは大理石のよう。

a0155659_7501626.jpg
でも、雪がふるとこんな楽しみもあって・・・足跡たくさん。丸いの。なんだろう?

にんげんのもあるけど、
a0155659_7511737.jpg

これは鳥だな
a0155659_7531391.jpg


他にもリスのようなものとか。野良猫や小動物たちは、生きているのだろうか・・・

a0155659_7561859.jpg足跡の主?pettirossoヨーロッパコマドリさん
a0155659_755239.jpg

a0155659_757615.jpg
チョンチョンと近く迄やってきた。動く姿が愛らしい。
a0155659_7493835.jpg


いままでの寒さは序の口なんて恐ろしいニュースが聞こえて来ます・・・春はもうすぐ?
a0155659_7574346.jpg

球根植えたいな〜

みなさん体を冷やさぬよう、お大事に・・・!!
[PR]
by grande-chico | 2012-02-14 08:35 | 山の家

落ち葉がいっぱい

a0155659_2213531.jpg

イタリアでは12月8日にクリスマスツリーを飾り始めますが、今年は
なんだか待ち遠しくて一昨日飾りました。
スーパーもお店もクリスマス仕様になってきています。我が家の前の通りも
イルミネーションが設置されました(点灯はまだ・イタリア流節約?)
うちのツリーは普通のプラスチック製。本物の木は綺麗だけれど、植木鉢に
入れられていない、切られた木はなんだか可哀想で。。
今度山の家に、小さなもみの木を植えてみようかな?

山の家の散歩コース。この日は1時間半くらい。
落ち葉で地面が覆われていて、やや歩きにくいけれど、空気が冷たくて気持ち
いい(この日の2.5度まで冷え込んだ)。
a0155659_23512238.jpg

a0155659_23522898.jpg

a0155659_23535981.jpg

山のりんご。味見してみたけれど渋かった。
a0155659_054938.jpg

庭の落ち葉を集めると出てくる特典:くるみ
a0155659_23574322.jpg

この日は植木の剪定をし、少し球根を植えました。

地面に落ちた庭のりんごを拾う。少しコンポートにしたけれど、まだ残りの
りんごを調理できていない。。コンポートを瓶に保存して、あとはアップル
パイかな。。
a0155659_0113847.jpg

a0155659_072529.jpg


最近は17時になるともう暗くて、空気が鼻にツンとくる冷たさになってきた。
冬の匂い。

明日から12月。
クリスマス&新年の挨拶のカードを今日から書き始めました。
パリで可愛いカードを、と思ったけれど見つからず、どうしようかと思ってい
たところ、アンティークショップにて、Carraraの有名なアトリエ等で、彫刻
家が仕事している様子を写した、古い絵はがきを発見。
今年はこれに決めました。
やっぱり日本から離れて暮らしていると、せめてこういう節目はきちんと挨拶
をしないとな、と反省を込めて工作中です。
こういうの、夢中になっちゃうんだよね
[PR]
by grande-chico | 2011-12-01 01:33 | 山の家