トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

カテゴリ:特別な日( 5 )

無事出産しました

遅くなりましたが・・・
1月4日の夕方、3560gの元気な女の子を出産しました。
お世話になっていた産婦人科の先生の予測どおり(?)、素敵な助産師さん、看護師さん、お医者さん、夫に囲まれ、穏やかで幸せなお産でした。
ほぼ陣痛なしの状態で分娩室に入り、6時間の超安産でした。
出産後はというと、お腹がものすご〜くすいて、夕食をぺろりと平らげました。

7日に無事退院してからは二週間、先日帰国した両親に甘えて過ごし、私も順調に回復中です。
赤ちゃんはというと、41週+4日で生まれてきたせいか、よく飲んでよく寝る体力のある子で、元気に成長中です!

妊娠中はいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。
また時間ができ次第、ブログをアップします!

とりいそぎご報告まで。
[PR]
by grande-chico | 2013-01-21 10:24 | 特別な日

結婚式の思い出・La Pasticeria- Il loggiato Gemmi

a0155659_705158.jpg

a0155659_731080.jpg

ここのところ、週末は用事があったり、おっとの仕事が忙しかったりで、
山の家に行っていません。暖炉が恋しいヨ〜

仕事で家に居る週末は、事務所について行くか、家で何か(たべもの)

くったり、息抜きに近くの街を散歩して食事をしたり、映画をみたり。

こういう時に出かける街の一つ、Sarzanaサルザナ。
先日も映画を見に行き、つまらなかったので途中で切り上げ、「そうだ、
あそこ行こうか」と久しぶりに行った場所。
私達の結婚式のパーティをさせてもらった、レストラン。
アンティパストに魚介と野菜のフリットと、この地域で食べられている、
ズガベイという小麦粉を揚げた(もちもちした揚げパンのようなもの)もの。
(ローマのツェッポレとよく似ている)熱々!
もっのすごく見にくいけれど下記↓
a0155659_2343847.jpg


私プリモのみ・カラマラータ(切ったイカの形のようなパスタ)の魚介
のトマトソース。
カラマラータはこのレストランの名物料理。
a0155659_1193080.jpg

おっとセコンドのみ・ヒラメ。
a0155659_8553594.jpg

と、ドルチェ。
a0155659_1253479.jpg

プリモとセコンドはどちらもパーティで食べたもの。シンプルだけど、ハ
ーブの効いた、イタリアらしい私達好みの料理。
お腹が空いていなかったため軽くオーダーしたのだけれど、色々と出て来
て、超満腹+酔っぱらい。オーナーの心遣いと懐かしさにほっこりして帰
りました。

ここのレストランは1F部分はバール&パスティチェリア、2Fはレストラ
ンや催し物用にサロンとテラス。春、夏は特にテラスは賑わっています。
レストラン内は古い屋敷そのもので、廊下を進むと小さな部屋がいくつも
あり、暖炉があり、一つ一つの部屋の内装も違う。
親しい友人や、親戚の家に遊びに行っているような、そんな温かさがあり
ます。
オーナーの一人が、教師をしていた、夫の亡きおばあさんの教え子だったり、
と、家族同士で色々と縁があるレストラン。

結婚式をした時は、時間もなく、イタリア語もほとんどわからず、こっち
の結婚式の習慣も知らず、結婚式に対する憧れやイメージもなく…(友人
の結婚式にいったことがなかった)のわからないことづくしで、ほぼ夫任
せの結婚式だったけれど、ここのレストランでパーティをやって、よかっ
たな、としみじみ思う。
 
レストラン・玄関 普通の家のよう。
a0155659_1304597.jpg

a0155659_1364495.jpg


*おまけ
Gemmiにはコンフェッテリア(コンフェッティ屋さん)もあり、ここで私
達のコンフェッティを選びました。
本当はコンフェッティ以外のものにしようと夫は主張していたけれど、や
はり伝統にならって5粒の白いコンフェッティを贈る。
イタリアの結婚式では、いわゆる「引き出物」はほとんど
コンフェッティのみ。

ここの包みが、なんとも乙女心をくすぐるデザインばかりで。。。相当悩
みました。どれが一番可愛いかな??
a0155659_1453525.jpg

a0155659_742226.jpga0155659_745383.jpga0155659_752433.jpg

a0155659_7152375.jpga0155659_7154680.jpga0155659_7163088.jpg









   先日話を聞いたところによると、コンフェッティ屋の方はいま閉じ
ているようです。。。老舗にも不況は確実に迫っているようです。

いつか、また、ここでコンフェッティを頼めますように。
[PR]
by grande-chico | 2012-01-11 02:00 | 特別な日

Nataleクリスマス2011

クリスマスの様子を少し。

我が家のクリスマス
12月24日 イブ @伯父宅

a0155659_835056.jpg

隅の小さなツリーの周りにプレゼントの山があります。
こんな感じで子どもが走り回り…
a0155659_883961.jpg

a0155659_8113647.jpg

a0155659_8132593.jpg

夫の父方の家族は、クリスマスには魚を食べる伝統があり、プリモは魚介の
スパゲッティ、セコンド↑は魚介のトマトスープ。
この鍋、11人前なのでかなり大きい。毎年おじさんが作ってくれる、滋味
あふれるスープ。今年は魚を買う所からもらう約束が、用事でダメになって
しまったので、きっと今年こそは習う!
a0155659_8185523.jpg

プレゼントの馬のぬいぐるみに大はしゃぎの子どもたち。
足元は包装紙やらリボンでいつもすごいことになります。
エコじゃないけど、こればかりは毎年の風景・・・

12月25日 クリスマス @義父宅
母方の親戚と。
a0155659_8224945.jpg

食事が始まるといつもえらい騒ぎで、写真はなし。
いつも1時半くらいにぞろぞろ集合して、アペリティーヴォを始め、5時半
くらいに解散します…が。
今年はそのまま夕食(20時)まで突入した、耐久レースでした。
足が浮腫んで痛かった。来年は途中で履き替えよう。。(笑)

☆フィレンツェ
a0155659_8262266.jpg

a0155659_8282147.jpg

今年はこんな凝ったイルミネーションが!やっぱりここはフィレンツェ、
お金のかけ方がちがうな〜と思ってしまう私。ちょっと切ない。
でも、一連のシンプル〜なイルミネーションも、好きです。

☆ルッカ
a0155659_8315737.jpg

a0155659_8325228.jpg

a0155659_8334264.jpg

中世を再現したスタイルのクリスマスマーケット。明かりの色がとても美しい。
[PR]
by grande-chico | 2011-12-27 08:00 | 特別な日

ciao chico!

4月5日、チコにさよならをしました。
チコを獣医に連れて行って安楽死させたその日の夜は、初めての春の日と思わ
せる、暖かい夜でした。
16回目の春の匂いも嗅いて、ひなたぼっこをして春を体中に感じて、旅立って
いきました。

弱ってほとんど動かなくなった最期の日々でも、午前中はキッチンに差し込んだ
陽のあたるところへ、午後はベランダへと、狭い家の中を何度も床にうずくまっ
て休憩しながら行きました。
大好物のレバーも、ほんの少しだけでも口にし、水は自ら飲みました。
本当に、強い猫でした。

チコは、ほんの小さな子猫の時に、ミャーミャー泣いていた所を家の隣のバール
の前で拾われて来ました。
一日中庭で遊び、家でもお母さんにはとても可愛がられ、しょっちゅう餌をもら
っていた結果、こんな巨大猫になりました。
キッチンでお母さんが肉を叩く音が聞こえると、いつも駆けつけておこぼれをも
らっていたそう。
4年前くらいから、色々と事情が変わり、夫のマンションに住むようになりました。
ちょうど歳をとって、他の野良猫にもいじめられるため、庭にもいられなくなって
いたので、いいタイミングで室内飼いになりました。
夫が一人で住んでいた時は、仕事で朝から晩まで留守で、夫が帰ってくると、チコは
ドアの前に立ち、毎晩怒っていた(「こんな時間までどこいってたんだよ〜!!」)け
れど、それも私が引っ越してきてからは、構ってくれる人ができたので、それも解決。
イタリアに来たての新米な私と、べったり一緒に過ごしました。
構ってあげたというより、構ってもらってたという方が正しいかも?良き友でした。

というわけで、人間からみれば…チコはたくさん可愛がられて、FIVを持ちながらも
病気もせず、ラッキーな猫生を16年間も生きて来たんだね、と家族で話していました。

今は、一日中遊んで過ごした庭の隅で、眠っています。

Ciao grande Chico!
Grazie..!!
a0155659_23423475.jpg

       最期のひととき ひなたぼっこ
a0155659_23553471.jpg

       ちょうど1年前 庭で。あったか〜。
    

チコが死んですぐ、イスタンブールに行ってきました。
イスタンブールは猫のパラダイス!至る所に猫が…しかもみな健康に太った
猫くんたち。行商のおっちゃん、膝に抱いて商売してるし。宝石屋のウィンドーで、
猫昼寝しちゃってるし。
そんな訳で猫の方も、警戒心まったくなし。呼ぶと走ってやってきて、ひざに
乗ったり、すりすりしまくりです。とっても癒されました。
やっぱり猫はいいなぁ。

引越の予定があるので、そういうゴタゴタが済んだらまた野良くんを迎えようと
思います。
イスタンブールの猫たちはまた次回アップします♪
[PR]
by grande-chico | 2011-04-23 00:08 | 特別な日

東京から引越し

イタリアに初めて訪れてから丸三年。
2009年11月、トスカーナの小さな街で2人+1匹暮らしをすることになりました。

旅するように暮らしたい。
日々の小さな出来事を忘れないように、そしてその小さな出来事をみんなに
伝えらえるように、書き留めることにしました。

イタリア暮らしの雑記と、旅の記録です。

grande-chico


a0155659_5124443.jpg

[PR]
by grande-chico | 2009-12-28 05:14 | 特別な日