トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

カテゴリ:お気に入り( 1 )

食品保存の強い味方

日本のネットショッピングサイトで見て以来、ず〜っと欲しかったあるキッチン
グッズ(キッチン家電)。
イタリアには(というか私の住む町では)、ないんだろうなぁ〜、いつか日本から
買って帰るかぁ〜しかし高いなぁ…(遠い目)…と思っていたら、近所の大型スーパーの広告にのってる〜!!イタリアでは結構メジャーだっだらしい
というわけで、悩んだ末手に入れて以来、毎日コレで遊んでいます。

使用例:
a0155659_2301817.jpg

上左からタイム、オレンジピール、手前がブレザオラ(ハム)。
タイム、オレンジピールはパントリーへ、ブレザオラは冷蔵庫へ。

食べ物以外でも、
a0155659_23411342.jpg

出番の少ない銀食器とか。これで錆びない。

そのキッチングッズとは、これ
a0155659_23135546.jpg

FOODSAVER フードセイバー
真空パックにする&袋の口をとめるためのもの。

可もなく不可もなく・・・な見た目のこのマシン、実はすごい。

以下、長いですよ〜。気に入ったものを説明するとどうも長くなる…
                ★ ★ ★
例えば、
チーズ類:普通の冷蔵で1〜2週間→真空パック4〜8ヶ月 保存可
魚類  :普通の冷凍で6ヶ月  →真空パック2年    保存可
らしい。アメリカらしいマシンですねぇ

冷凍庫に1年も食材をおきっぱなしにする事自体まずないけれど、味が新鮮
なままキープできるというのは、大きな違い。冷凍焼けの心配もなし。
大きなバターやサラミを買って来たら、半分に切り半分は真空パックにして
おけば、味が落ちたり、変な匂いがついたり、かびることもなし!優秀!
お米もうちは消費が遅いので、5kgのうち半分は真空パック。

使ってみて、
・袋は洗って再利用できるので、ラップを使う量がグンと減った。エコ。
 日本のラップをイタリアに持って来て使っているためありがたい。そしてゴミも減る。
・専用の袋のまま加熱調理できる(お湯にいれる、電子レンジ)。
・タッパーを使うより、冷蔵庫のスペースをとらないし、一目で何があるかわかる。
・市販の袋(ポリエチレンなど)の蓋を閉め直せる(ただし、真空パックはできない)。

気になる専用袋のお値段(自分用覚え書き)
・0,98L ×48bags 12,90euro
・3,78L×32 16,99euro
・28×5,50cm 2 rolls 15,90euro
・20×6,7cm 2rolls 14,90euro
・コンテナ 0,7L×3 14,90euro  


日本の正規価格は2倍近くするので高い!と思ったけれど、この値段なら許容範囲。
何度も使えるものだし。
アメリカのebay等で買うともっと安いのかな?
日本よりは安いから、欲しい人いたら送りますよ〜

残念なのは汁物には使えないということ。汁気があると、袋の外に逆流してくるので
閉じる事ができなくなし、機械が汚れる。なので、たとえばカレーみたいなものだと、
冷凍して塊状にしてから真空パックすればOK。または、別売りのコンテナを使用する。
あとは、キッチンに置きっぱなしにするには、いまいち冴えない見た目…くらい?
いちいちしまうのも面倒だし、いい置き場がないと不便かも。

総合的にとても満足。
3月にして、2012年買ってよかったもの・私的ランキングに1、2番を争いそう。
真空パックにしている時の私、「すっごく楽しそう」らしいです。by 夫


日本で買うとすればコレ?正規品はもの独占販売みたいになっていてすごーく高い!
コレ親にプレゼントして、帰国の度にイタリアに持ち帰る食品を全部真空パックしたいなぁ〜…


[PR]
by grande-chico | 2012-03-30 01:16 | お気に入り