トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

食卓の小さな秋

a0155659_6495632.jpg

左から、クレメンティーノ(オレンジの一種)、かぼちゃ、ざくろ
我がイタリアの家族は、食後に果物をたくさん食べます。
大皿に盛られた果物を、銘々皿にとり、ナイフとフォークで自分で食べています。
オレンジ1、2個とか、みなぺろっとたべるのです。
あんなに食事をしたあとで…と思うけれど、果物は食べれてしまう。
皮をナイフで綺麗に剥いて食べている所をみると、「やっぱりナイフとフォークの
文化なんだなぁ〜」なんて思うけれど、逆に私が手でみかんをむくと(花の形みた
いに)みなおきまりで感心してくれます。生活習慣の違いなのですね〜。
クレメンティーノはみかんのような味。これを食べると冬〜という感じが
するのは、日本と一緒♪とってもおいしい。
a0155659_6552652.jpg

こちらは、mole(ブラックベリー)。山の家の近くにたくさん野生のブラックベリー
があり、先週ブラックベリー摘みにいってきました。たくさんなる実の中から、黒くて実がふっくらとしたものを選びます。
甘〜いジャムをつくったので、これでクロスタータ(タルト)をつくる予定♪

a0155659_71221100.jpg

山の家はもたくさんとれます。
あと10日くらいしたら、地面に落ちてくるかな。
栗拾いをするのが目下の楽しみ!!
[PR]
by grande-chico | 2010-09-27 07:22 | 季節の保存食

アメリカ②〜F.L.ライトとミュージアム

"DUST TO DUST"   "ASHES TO ASHES"   "EARTH TO EARTH"
a0155659_545316.jpg

やっと会えた、グッゲンハイム in N.Y
通路の途中に、テーマごとに分けられた展示室がある。
その展示室を後にすると、また、吹き抜けの廊下に戻り、壁の作品を見ながら、
また、建物全体を見渡しながら、移動していく。
人が作品に見入っている風景が、また美しい。心があたたかくなる。

作品との距離、人との距離が心地いい、素晴らしい建物。
小さな図書室も、素敵だったな。
a0155659_5422216.jpg


メトロポリタン美術館 in N.Y.
好きなものがありすぎて…ため息、頭痛、そして寒さに震えつつ…。
a0155659_6171587.jpg

大好きなクリムトの"Ma''da Primavesi"の一部。画集とは全然違う。
どこにあるか覚えていなかったので、嬉しい出会い。
a0155659_641582.jpg

大好きなマティス、クリムト、モネ、セザンヌ、ドガ…数えきれず。
実物を初めて見て、好きになった画家もできた。
一週間通っても足りない〜。
そうそう、ギリシャやローマ時代の素晴らしい彫刻が、ローマ"風"に装飾
された部屋の中に置かれている様子は、とてもユニークだった。
綺麗な大理石等を使っているのだけれど、やっぱり違和感。
…あぁアメリカという国にいるんだな、と。
皮肉でもなんでもなく、ただの実感として。

タリアセン・ウェスト in Phenix
アリゾナ砂漠の真中に、「冬の家」として建て足られた、F.L.ライトの建築。
a0155659_712038.jpg

a0155659_7124081.jpg

↑サボテンがたくさん。大通りから坂を上った高台にある。周囲は砂漠。
a0155659_7174821.jpg
炎天下の中1時間半のガイドツアーに参加。
写真のとれない、寝室や居間が特に印象的。
建築自体はもちろん、家具のデザインや、
色の使い方、光や素材の使い方がとても素
敵。日本的な「間」の取り方をしているせ
いもあってか、心がほっとする空間。
インテリアの参考になるかな?
折り紙のペンギンみたいな椅子、欲しいな。
[PR]
by grande-chico | 2010-09-25 06:59 | 旅の日記

アメリカ①〜N.Y.マンハッタンの風景

a0155659_6374437.jpgN.Y.へは一週間滞在。
ボストン、ワシントンD.C.も回る予定だったけれど、N.Y.でやりたいことがありすぎて、予定変更。時々地下鉄も使ったけれど、文字通り端から端までひたすら歩き回る。

最初は地図を見ても、何がどこにあるかわからなかったけれど、だんだん地図が読める様になり、自分がいる場所が、頭で描けるの様になるのがたまらなくワクワクする。
地図大好き。
a0155659_5501569.jpg

N.Y.は毎日、冷たいレモネードとアイスティーがおいしい暑さ。レモネードは
アメリカ〜って感じ。よく飲んだ。
a0155659_557434.jpg

夕方、公園にて大勢集まってヨガしているところに遭遇。いいですね〜。
アメリカ都市部ではスポーツを銘々日課にして楽しんでおられるようで素敵。
そういう場所や機会を整備している所もすごくアメリカっぽい。なんという
か、市民が自発的というか…。立派な市民マラソン大会があるのも納得。
a0155659_665166.jpg

メトロポリタン美術館屋上。手前はセントラルパーク。
寒さ(美術館とはいえ、冷房強すぎ)と、次から次へと溢れ出てくる傑作から
逃れしばし休息。
a0155659_623755.jpg

a0155659_6261629.jpg

greenwich villageからSOHOへいく途中。このあたりは小さなカフェや
レストランがたくさん。立ち並ぶ家も素敵。
a0155659_6283021.jpg
グッゲンハイム。
鳥も立ち止まって眺める美しさ。わかるわかる。でも、内部こそ美しいんだよ。

a0155659_6413645.jpg

a0155659_6434769.jpg

セントラルパークは、歩き疲れた私たちを癒してくれました。昼寝最高...ZZZ...
[PR]
by grande-chico | 2010-09-17 06:34 | 旅の日記

アブルッツォとトスカーナ〜リグーリアの海

夏を振り返ってみて…
気がつけば、今年ビーチに行ったのはメキシコでの3日間だけで、あとは
遠くから眺めただけ。
イタリア人は夏はパラソル付きのスペースを借りたりして、せっせとビーチ
に通い、日焼けにいそしむのが大〜好き。
特にビーチがすぐ近くの環境なので、私みたいなのは珍しいようです。
「だって近くのビーチは混みすぎだし、暑いし、海より山の方が好きなのよね」とは大きな
声ではいいづらい。笑

今年の夏訪れたのは、
アブルッツォ州のバストの海
a0155659_2157266.jpg

バストはマッシモが子どものころ、おじいさんの兄弟の夏の家があり、家族
みんなで訪れていたそう。毎日、おじいさんと長い散歩をして、家の脇の細
い道を下っていくと広っている海辺で、日が暮れるまで遊んだとのこと。
マッシモ曰く、バストで「海が何かを知った」のだそう。
おじいさんの兄弟の家で夏を過ごすとは、イタリアらしい〜。

7月に友達の結婚式が近くの街であり、せっかくだから、と帰りにバストへ
寄り道。今では誰も知り合いがおらず、トスカーナからも離れているので行
く機会もなく、10年ぶりの訪問。記憶をたどって、その夏の家に辿りつき、
現在その家に住み、おじさんを知る人と話をすることができました。

雄大な海と、時間とともに失われた、たくさんのもの。
昔話によくでてきた場所を、実際に訪れるのはとても不思議でした。

戻って、トスカーナ〜リグーリアの海。
こちらは世界遺産チンクエ・テーレ(「5つの大地」という意味)付近。
a0155659_22311268.jpg

a0155659_22321042.jpg

海岸線の絶壁にはカラフルな建物が所狭しと並び、そして斜面の上のあたり
にはぶどう畑が広がっています。

特に有名なのが、甘口ワインCinque Terre Sciacchetrà DOC(シャケトラ)
収穫後、乾燥棚で約二ヶ月かけて自然乾燥させることで糖度が濃縮したぶどう
を、12ヶ月以上熟成させてつくります。
鮮やかで深みのある琥珀色で、オレンジピールやイチジク、アプリコットなど
を感じさせる濃厚な香り。どっしりとした甘みのバランスは、厳しい環境で育
てられたこの土地のぶどうならでは。
同じ品種(ボスコ・アルバローラ・べルメンティーノ)で作られている白ワイ
ンもとても美味しい。

a0155659_22471584.jpg

船から陸を眺めるのもまた楽し。
この日は知り合いの素敵な船に乗せてもらい海のピクニック。
港町に近づくと、水が濁ってくるけれど、少し離れた所では、ハッとする深い色
をしている場所がまだまだたくさんあります。

夏の海はそろそろおしまい。また来年も美しい海がみられますように。

今週末は、秋を感じに久々に山の家へいってきます♪
[PR]
by grande-chico | 2010-09-14 22:56 | イタリアでの日々

秋のおとずれ

日本のみなさん、いかがおすごしですか?
色んな人から指摘を受けて、久々のアップです〜。すっかり放置。
トスカーナはぐんと涼しくなり、澄んだ秋の空気に変わってきました。
今は雷が激しく鳴り、土砂降りの雨。
明日はまた一段涼しくなるのかな?

遅ればせながら、私はというと、5月に無事結婚式を終え、8月は
アメリカ・メキシコを旅し、日本での婚姻も成立したようです。
といっても、書類を大使館に郵送するだけで、特に結果が帰ってくる
わけじゃないので、大変だったわりに実感なし。
ともあれ、すっかり季節は巡り、美食の季節の到来〜!

先週日帰りでローマにいき、メルカート(=マーケット)で小豆と薩摩芋
を発見!!そう、私が住んでいるところには売っていない。
おじさんは「Azuki?いや、赤インゲン豆だよ」と言っていて、やや
不安だったけど、見た目はしっかり小豆。煮てみてらやっぱり小豆!
煮ている時の匂いがたまらない〜。
この小豆はル・クルーゼで煮て、一部はどらやきに。
a0155659_22295666.jpg

求肥いり。
栗を拾ってきたら、甘露煮入りでまたつくろう〜。楽しみ!

薩摩芋は何にしようかな?
結婚式と旅の写真は近々のせます〜。
[PR]
by grande-chico | 2010-09-13 22:48 | 季節の保存食