トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Carrara -Strada dei Marmi  カラーラ -大理石の道

我が街Carraraの嬉しいニュース。
a0155659_1814271.jpg

世界でも有数の大理石の産地である、Carraraの大理石は、石切り場で切り出された後、巨大なトラックに乗せられ、Carraraの中心街から海を結ぶ、Viale xx settembre(9月20日通り)という大通りを通り、港へと運ばれていました。
巨大なトラックが街の中を通るために、騒音、排気ガス、汚れ(大理石の粉で白くなる)の問題を抱えていて、なにより歩行者や他の車にとって、危険でした。

これらの問題を解決するため、2003年から始動したプロジェクトが、この4月にやっと完成!
正確には、もっと早くできていたけれど、もうすぐ市長選挙があるので、その選挙直前を待ってオープン(功績を市民の記憶により鮮明に焼き付けるため)。よく在るパターンですね。
それは、Strada dei Marmiという大理石を運ぶ巨大トラック専用の通路(トンネル)。
a0155659_18143941.jpg

石切り場で切り出された大理石は、この専用トンネルを通り、Via Aureliaアウレリア街道に出て、市内を通る事無く、直接港までいくことが出来ます。

全長5.6kmのうち、4.5kmはトンネル。
トンネル上部には、天井に吊り下げられた非常用通路があり(写真上部の四角い部分)。もしトンネル内で火災があっても、この通路は最高で35℃までしか上がらないように建築されている。ヨーロッパでもこの技術をもつトンネルは7、8つしかないのだとか。
a0155659_18153622.jpg

この道の始まりには、↑のように、積荷の重量をはかり(適正重量をコントロールするため)、トラックを洗浄する(粉塵を落とすため)場所もありました。

9日間だけ一般公開されて、あとはトラックのみの運行になります。

大理石の山と海に囲まれた、美しく歴史ある街だけれど、他の都市にもれず、経済衰退が目に見えて明らかになっているCarrara。
もちろん経済だけじゃくて人が原因なのだけど

イタリアで、この小さな歴史在る街に住むようになってから、東京にいた時はあまり考えなかった事−街を活性化するために、もっとこうすればいいのに、といったことーをよく考える様になりました。
元々、香川の直島みたいに、アートで町おこしを実現した場所にすごく興味を惹かれていたけれど(大学の卒論のテーマだった)、自分の住んでいた「街」(杉並区)については、具体的に考えた事はなかった。矛盾しているけれど。
それだけ、行政が機能していて、地域として自分自身も気に入っているし、活気のある街だというのもあるけれど、ただの無関心、とも言える。

私の今住む街(というかおそらく、大抵のイタリアの小さな街)は、行政は「…」なことが多いし、お金もないし(北トスカーナだから、イタリアの水準ではかなり良い地域にあたるのだけれど、それでも。)、でも一番の問題は、市民もあまり自分の問題として考えていなくて、人任せにしておいて、文句ばっかり言っている事、なのかも。
外国人であるということ、そして小さな街に住むということで、違う視点で街について考える、いい機会を与えられたのかもしれない。

そうそう、この立派な道路をみて、私ももちろん、夫がすっごく嬉しそうでした。
やっぱり、故郷だもんね。
がんばれCarrara!!

アウレリアは、古代ローマ帝国によって造られた、ローマからピサまでを結ぶ道。
ローマ帝国拡大・植民地の管理のための鍵となる、軍事道路として敷設されたが、この道のおかげで、経済活動も活発になった、ローマ帝国の大動脈。
拡大や多少の経路の変更はあったものの、現在もSS1「国道第1号線」と呼ばれ、2200年前の歴史を持つ道路が今も使われています。
日々の移動にもよく使うし、ローマに行く時もこの道を使います。


wikipediaから拝借した古い地図。ローマからPisae(現在のピサ)まで結ばれている青線がアウレリア。
[PR]
by grande-chico | 2012-04-29 19:16 | イタリアでの日々

春の野菜1 アスパラガス・空豆

青空市場や八百屋で見かけるようになると、春だなぁ、と感じる
野菜たち。
スーパーで並ぶはしりを横目で見ながら、もうちょっともうちょっと、
と我慢していました。

うちも解禁!
アスパラガス
a0155659_7304255.jpg

どうやって食べたかというと、
①アスパラをイタリア風にしっかり茹でて、ゆで汁をベースに作ったブイヨン
  でアスパラガスのリゾット。
a0155659_7313973.jpg

うちはコンソメは使わず、野菜+香草+キノコ類を適当に組み合わせたスープ
で煮込みます。野菜のうまみってすごい!
うちは、リゾット=野菜を1品でたくさん食べる時短メニュー(笑)。
あんまり見えないけど、モリモリ投入。


②アスパラガスのカルボナーラ風パスタ
これは、日本のイタリアン風に温泉卵をのせて。考えてみれば、作り方もカル
ボナーラとほぼ同じだから、そっくりの味になって当たり前なのね、と納得。
イタリアでは見た事ありませんが。

2品で一束あっという間に終了。また買ってこないと。

そして、空豆
a0155659_7462575.jpg

イタリアの空豆はちっちゃい。3分の1くらいのサイズ。
収穫しなければ日本の空豆みたいに大きくなるのかな?
5月1日のメーデーに、ペコリーノと一緒に食べる習慣があります。
空豆は生で(外皮をむかず、そのまま)。
ペコリーノのしょっぱさと、空豆の青臭さがぴったり。
でもやっぱり日本人だからか、私は外皮は剥くのが好み

でも、思い立って日本風に塩ゆでしたら、やっぱりこれも美味しい。
次は空豆ごはん、かな♪

あと、グリーンピースももうすぐ解禁しよう・・・
楽しみ!
a0155659_7593879.jpg

山の家でとって来た、さくらんぼの枝。花を咲かせてくれてます。
[PR]
by grande-chico | 2012-04-29 08:02 | 季節の保存食

Isola Santa "聖なる島”2.

水源の方へ歩いて行くと・・・
建物の壁と思われるものがあったり(ダムに沈んだ建物かな?)、
a0155659_5531489.jpg

洞窟?があったり、
a0155659_556012.jpg

a0155659_557049.jpg

海みたいな色・・・
a0155659_55835100.jpg

ちゃんと歩道になっていて、溜め池?になっていたり、綺麗な手すりがついている。お手入れされていて気持ちが良い(右側は連日の雨のせいで崩れているのと、工事途中なんだと思う)
イタリアはどこの市も大体お金が無くて、田舎に行くと特に、公道なんかはボコボコのひどい道だったり、土砂崩れがあっても何週間もそのままだったりする。だからこういうのを見ると余計嬉しくなる。
a0155659_64284.jpg

手作り感あふれる水道もね(右↑)。
a0155659_661940.jpg

a0155659_652161.jpg

この辺は川、という感じ。
a0155659_67510.jpg

水はこの岩の間から流れて来ている。
a0155659_692028.jpg

蜂が忙しそうに蜜を集めてまわっていました。
a0155659_6104756.jpg

これは、多肉植物?かわいい。
a0155659_610641.jpg

良い「気」がたくさん感じて、いっぱい深呼吸。
雨の後の土のいい香り。

a0155659_6131353.jpg

30分くらい歩いて、村に戻って、お腹すいてないけれど、寒いし、紅茶に
クッキーで一休みしようよ、と看板を見てお店の中に入る。日曜日なのに開いているこの奇跡!

a0155659_6182275.jpg

お店の中は、
古い天井に木の棚にガラスケース、業務用っていう感じのステンレスのキッチン。すきだなぁ、こういう雰囲気。
古い家をレストランに改修しました、別に洒落っ気をだしたわけじゃなくて、使えるものを残したら自然とこうなりました、みたいな。
ある意味私の理想のキッチン。

全然お腹すいてなかったのに・・・・
隣のお客さんにつられて、
「やっぱ紅茶やめて、アペリティーヴォお願いね!」
a0155659_6355164.jpg

やめときゃいいのに、2人分。
イタリアに旅行に来る皆さん、アペリティーヴォは2人で1人前にしましょう。
ま、いっか〜 かんぱ〜い!

ちなみに、紅茶のお供にしようと思った、カントゥッチ(トスカーナでビスコッティのこと)も素朴で美味しそうだった。

看板には"CASA del Pescatore"漁師の家とある。
B&B、レストラン、漁の許可をもらうところ、らしい。夏はお客さんで賑わうのかな。多分Isola Santaで唯一の施設なんだと思う。

よく見たら、外にテントがあってテーブルが並べてあった。
蚊がすごそうだけど、水辺で食事する夏の夜、気持ちいいだろうな。

a0155659_643885.jpg

赤縞猫さんが、見送ってくれる。
ノラが何匹か生息しているらしい。みんな元気そうだったし、人懐っこい。
きっと、近所の人が世話をしてくれているんだ。よかった。

今度は、おべんとう持って、川沿いに歩いて、あのお店に行こうね(食べてばかり)、となりました♪
もしかしたら、夏祭りとかもあるのかも。


友達が遊びにきたら連れて行きたい場所が、また一つ…*
[PR]
by grande-chico | 2012-04-25 06:24 | 近くの素敵なところ

Isola Santa "聖なる島”1.

お天気のあやしい日曜日。
気分転換に、お気に入りの道へドライブにいってきました。

いつも近くを通る度、次は降りてゆっくり散歩しようね、と言っていた場所へ。
寒くてそれどころじゃなかったり、どこか行く途中で時間がなかったり、etc...
隣町マッサを山方面に登って行き、"Garfagnana"ガルファニアーナという、
ルッカ県の地域に入る。
a0155659_21451662.jpg

新緑を楽しめるかなと思いきや、まだこの辺りは春のおとずれがゆっくり。

目的地は、"Isola Santa"=Saint islandだから、聖なる島・・・という感じ? 
a0155659_21571133.jpg

小さな村が、ダムに囲まれて、ちょうど島のよう。
車道から、石畳の道を降りて行くと・・・
a0155659_23345361.jpg

民家を数軒通りすぎ、すぐ教会が見える。
a0155659_2337524.jpg

a0155659_23394869.jpg

修復中の模様。もしくはこのまま放置されているのか・・・?
a0155659_23412413.jpg

教会を過ぎると、すぐ水際に辿り着く。
不思議な蒼色の水。
a0155659_21424775.jpg

よくみると、小さな魚がたくさんいて、保護地域になっています(勝手な魚釣り禁止)。
水際には、野生のスミレやプリムラがたくさん。
a0155659_23422123.jpg


向かい側にはEnel(電力会社)の小さな建物とダムが見える。
中まで入れるようになっていて、向こう側から見ると、こんな感じ。
(冬に撮ったもの、色が全然違う〜)
a0155659_23443576.jpg

a0155659_23452594.jpg

教会の鐘が見えるの、分るかな?

a0155659_2351128.jpg

桜(さくらんぼ)の木が何本かあって、花がまだ少し残っている。
a0155659_23524475.jpg

水の蒼に、蔭のある白も美しいけど、さくらんぼの赤い実も映えるだろうなぁ・・・
見にこなくちゃ。食べにこなくちゃ

このあと、ダムと反対方面、水源になっている方面まで散策...
ついでに美味しいものも。
[PR]
by grande-chico | 2012-04-24 23:58 | イタリアでの日々

ワインのエチケットを食べたのはだれ?

ここのところ用事があったり仕事があったりで、山の家に行けていません。
先日、暖房を切るため&様子見のため日帰りで行って来ました。

その時、発見したもの…
a0155659_003760.jpg

えっワインのエチケットがびりびり、あるいは無数の穴…喰われた!?
しかも古いボトルばかり。
紙喰い虫?ねずみ?羊じゃあるまいし。
a0155659_02434.jpg

だってカンティーナ(ワインセラー)はこう↑なっていて、ワインと穴の間には
小さな隙間しかない。初めてのことに家族みなびっくり。

ねずみってこんな隙間にはいれないでしょ、と思っていた。
それで、色んな人にきいてみたら、極小のねずみらしい。
可哀相だけど退治してもらうことに。

a0155659_033249.jpg

庭ののっぽ桜、咲いています。
手前の桑の木が重さに耐えかねて傾いてきたので、可哀相だけど伐りました。
隣の桜の木の枝も一緒に切られてしまい、地面の上においてあったので、
枝をたくさん家に持ち帰りました。
新芽と桜、両方元気に花瓶の中で咲いてくれています。
a0155659_041855.jpg


4月に入ってから寒いトスカーナだけれど、山もゆっくりと若葉色に
染まって来ています。
[PR]
by grande-chico | 2012-04-23 00:25 | 山の家

ここのところの食事パン

a0155659_23142534.jpg

粉はライ麦か全粒粉、ごまやケシの実を混ぜこんで。
最近もっぱらこればかり。
夜に捏ねて一次醗酵→翌朝〜2次醗酵で昼頃焼き上がり。
大体寝すぎて一次醗酵が過醗酵になるけれど、焼いてみると結構大丈夫。
きれいに丸くならないのは成形の問題…?
天然酵母、強い!楽でいい〜。

a0155659_23203288.jpg

いつものコーンフレークのクッキーを天然酵母で焼いてみた。
なんとなくベリーの香りがするような・・・
a0155659_2323576.jpg

お菓子は、酵母を選んだ方がいいのかな?
[PR]
by grande-chico | 2012-04-22 23:57 | イタリアでの日々

Pasquettaの散歩@Marinella

a0155659_2215688.jpg


先週日曜日はパスクワ(イースター)。
毎年夫の実家で、妹夫婦と母方の親戚と一緒に昼食を食べています。

毎年の固定メニューは、
・ラム(山の家の近くの羊…感謝…)のオーブン焼、
・じゃがいものオーブン焼、
・アーティチョークのフリット、などなど。
(アンティパスト、プリモは色々)

そして、デザートに「コロンバ」という、ハト型のケーキ。
味はパネットーネとほぼ同じで、ふわふわな生地に、大抵ドライフルーツや
アーモンド、砂糖の粒でデコレーション。
去年の12月にパネットーネを作ってみてよ〜くわかったけれど、
砂糖・卵・バターがたっっぷり。
でもしつこくなく、ふわふわしているからぱくぱくいける、危ないお菓子。


コロンバを食べつつ、卵形の巨大なチョコを子ども達があける(中にオマケ
が入っている)、というパターン。
やることは、クリスマスとほぼ同じ。

今年は、実家がリフォーム中でサロンが半分使えないため、viareggioの妹
夫婦の家でお祝いしました。


自分メモ:
antipasto チーズ、サルーミ、ムール貝の詰め物、ピンツィモニオ、ポルチーニのトルタ
primo カフチョッフィのパスタ(paccheri)
second BBQ、じゃがいもオーブン焼き、 ソラマメ&ペコリーノ(ギブアップ)
      全粒粉のパン1kg&クラッカー(持参)
dolce オレンジとチェードロのチョコがけ(持参)、チョコのトルタ
caffe

 
            
そして翌日Pasquetta(イースターの直後の月曜日、祝日)は、重い体を動か
して気分転換しようと、Marinellaマリネッラまで散歩に行きました。
a0155659_2435675.jpg

a0155659_2513123.jpg

マリネッラは、家から海沿いに北上していくと広っている地域
(La spezia県Sarzana市)で、家から車で10分〜15分位。

元々は、この地域一帯は、Fabbricotti家という、1900年位迄まで栄えた
家族に所有されていたそう。この土地の一部に立派な墓が残されています。

今は、この辺り一帯で牛が飼われたり、畑になっていて、緑が豊か。
そして海のすぐそば。
ちょうどよい散歩道になっているので、ランニングしたり、散歩している人、
子どもをつれて歩く家族がたくさんいて、穏やかな気持ちのいい場所。

また、少し内陸に入ると、紀元前から古代ローマ人によって栄えた、Luniルニ
という都市の、すばらしい遺跡の数々が残っています(博物館になっている)。
日本人にはもちろん、この地域に住むイタリア人でも意外と知らない人もいて、
とてももったいない!それぐらいの美しいところ。
散歩にもぴったりの大好きな場所。おいしいトラットリアもあり♪
ずっと前から記事にしようと思ってしてない・・・今月中に!

背中に海、目の前に大理石の山を臨んで、てくてく・・・
a0155659_381221.jpg

馬糞や藁のいい香り
a0155659_3101267.jpg

菜の花に似た、アブラナ科のような黄色い花がたくさん。
a0155659_3112232.jpg

ぶどうの木の葉っぱが育ち始めている。
つやつやした黄緑色の葉っぱ。

日陰はまだ寒いけれど、日向は暖かくて散歩日和。

先週から毎日小刻みに雨が降ったり止んだり、どんより曇り空かと思えば
日が射したり、と変な天気続き。
昨日は、すごい雨が降り始めたと思ったら雹が降っていた。
土曜日まではこんなお天気が続きそう。
冬物片付け開始は来週かな・・・
[PR]
by grande-chico | 2012-04-13 05:46 | イタリアでの日々

ニース③ゆったりのんびり日曜日

a0155659_17394543.jpg

フィギュアスケートの試合後、トラムで中心街まで戻る。
その時看板を見て、あっ!!
トラムの看板のデザイン、フランスのアーティストBen Vautierのもの。
可愛い〜! 

パリでよく、ビビットな色でかかれた、切手やハガキをみかけたけれど、
調べてみたらBenはニース出身。なるほど。
美術館にも作品があるみたいなので今度行きたいなぁ。
http://www.ben-vautier.com/

夜11半頃から軽く飲んで夕食を食べる(興奮の後、疲れが出て目が半分)ホテルに変えるのに、中心街をぬけて帰る。前回のニース滞在のときはカーニバルのため柵で覆われ、俯瞰できなかった広場が全部見渡せる。とても美しい建築。

a0155659_1724242.jpg

翌日は、ゆっくり起きて、すぐそばのビーチまで朝ご飯を食べに行く。
a0155659_18322526.jpg

カフェ・オ・レにオレンジジュース、バゲット、クロワッサンのシンプルな朝食。
ぽかぽか陽気に波の音を聞きながら食べるとこんなに美味しい。
実はイタリアのカプチーノの方が好きだし、フランスで食べるクロワッサンはイタリアに住んでからは重いと感じる様になった(別物だけれど、こっちのブリオッシュはふわふわでバターが少ないことが多い)。でもここのクロワッサンとバゲットはとても美味しかった。

朝食後はpromenade des anglaisを少し散歩。
a0155659_18584489.jpg

ここは眺めているだけで楽しい。
とてもエレガントな格好をした人もいれば、スポーツウェアでランニングする人、
ロードバイクに乗る人、ベビーカーをひく家族連れ、道で遊ぶ子ども、犬・・・
聞こえてくる言葉も様々。
あらゆる人がこの道をゆったり散歩している。
ものすごくツーリスティックな場所なのに、住むことがイメージできる。

早目にニースを後にして、海岸沿いにドライブして帰ろうということになる。
前回通ったEZEエズ村をまた通り抜け(散策したかったけれど駐車場がいっぱいのためあっさり諦める)、途中海まで降りる。
名前は忘れたけれど、エズ村の管轄の海。marina di Ezeみたいな感じ?
a0155659_194119.jpg


港になっていて、レストランが並んでいる。
ここで軽く昼食をとり、散歩して(小さなアンティーク市をしていた)、帰路につく。
モナコまで海沿いに行き、そこから高速に乗る。
ニース〜エズ〜モナコ手前までの崖に建っている家々が、これまたすごくて(品も良い)
見ていて飽きない。

今回は夫のお父さんも一緒。意外にもニースは通ったことしかないらしい。
そして旅行好きだけれど、お母さん(義母)が亡くなってからは、旅行する機会も
減っていた。誘ったら喜んできてくれた。

父(義父)はすぐそばに住んでいて、しょっちゅう顔を合わせたり、出かけたり、食
事したりするけれど、旅行はなかなか機会がない。
ゆっくり昼ご飯を食べているとき、また機会をつくって、いっしょに旅行しようね、
と話した。

旅行って、健康で、何も大きな問題を抱えていないからこそできること。
そして、当たり前だけれど、小さな子どもがいたり、仕事が忙しかったり、とまた色
んな事情が絡まってくる。

だから、できる時にしよう!と改めて思ったのでした。旅行にために節約がんばろうっと♪
[PR]
by grande-chico | 2012-04-11 20:01 | 旅の日記

ニース フィギュア世界選手権2012・生観戦2

続いて女子フリー
a0155659_23162084.jpg

右上のフランスの選手、細いのにすごい筋肉!!

村上佳菜子選手
a0155659_21224237.jpg


イタリアのカロリーナ・コストナー選手
長い手足がよく映える、とても素敵な衣装。
a0155659_23564211.jpg


浅田真央選手
a0155659_23595049.jpg

a0155659_0144616.jpg

a0155659_0204790.jpg

写真が酷いのはもちろんだけれど、ずっと冴えない表情の真央ちゃん…
はじける笑顔をみせてくれるのをまた待っています。大変だった今シーズン、どうかゆっくり心身をやすめてください。

男子女子、レベルに関わらず、自分の満足する演技をした選手の笑顔は
本当に心が洗われる美しさ。
写真はないけれどカロリーナ・コストナーと鈴木明子選手の笑顔も本当に
素敵でした。
最終滑走のグループはカロリーナ、日本人選手全員(3名)で、息もつく暇もない。うちのカメラ係(おっと)も写真どころでなくなったのでした。

a0155659_024561.jpg

a0155659_024515.jpg

選手生活の長いベテランのカロちゃん、鈴木明子選手が勝ってよかったなぁとしみじみ。
カロちゃん、演技をTVみていた時は、スピードがあるけれど大体どこかのジャンプで崩れ始めて、荒い演技になってくる…という、安定感のないイメージがありました。生で見るカロちゃん、美しかった。

いかにもヨーロッパというバレエ的な表現の美しさ、スピード感、そしてこの日のすごい集中力。曲から衣装まで彼女の世界感ができていて、すごいものを見せてもらいました。
そして、高橋大輔選手にメロメロだったあのイタリア人解説者、もうマンマのような感激ぶり。
最後なんて感極まって声は裏返るわ、叫ぶわ、半泣きだわで、明子ちゃんの演技が始まっても頭はカロちゃん(一応ちゃんと解説はしていた、ややなげやり)でいっぱい。分りやすいね〜もう愛情たっぷりの解説でした。
彼女の演技はここ
国旗があがり、イタリアの国歌の大合唱が始まると、心に沁みました。

最終順位は、
1 Carolina KOSTNER [ITA] 189.94 /SP3 FS1
2 Alena LEONOVA [RUS] 184.28 /SP1 FS4
3 Akiko SUZUKI [JPN] 180.68 /SP5 FS2

4 Ashley WAGNER [USA] 176.77 /SP8 FS3
5 Kanako MURAKAMI [JPN] 175.41 /SP2 FS5
6 Mao ASADA [JPN] 164.52 /SP4 FS6
7 Kexin ZHANG [CHN] 157.57 /SP9 FS7
8 Valentina MARCHEI [ITA] 150.10 /SP11 FS9
9 Ksenia MAKAROVA [RUS] 149.48 /SP6 FS14
10 Elene GEDEVANISHVILI [GEO] 149.20 /SP7 FS15

イタリア人選手2名!
おまけ★会場入り口の様子
a0155659_1752545.jpg

そういえば、入り口で羽生選手が監督と会場入りしているのを見ました。普通にす〜っと入って行っていきました。

そうそう、チケットは1週間前くらいにとったのだけれど、余裕でとれました。
(しかも一枚チケットを買い忘れて前日にかったけど大丈夫だった)
フリーは満員だったけれど、ショートプログラムでは席がらがらのようだったし。

またいつか、どこかの国に応援にいきたいな〜。またヨーロッパであるかな?
日本は絶対チケットとれないからねぇ...
[PR]
by grande-chico | 2012-04-06 01:52 | 旅の日記

ニース フィギュアスケート世界選手権2012・生観戦

3月31日に行われたニースでのフィギュアスケート世界選手権を観戦
して来ましたー!
観戦した種目は男子・女子フリープログラム 最終日。
写真は夫にまかせて、私は友達が準備してくれた日本の国旗を手に応援。

様子を少し…

小塚選手
a0155659_6234777.jpg

羽生選手
a0155659_6242398.jpg

今気づいたけれど、監督が、羽生選手のお守り・くまのプーさんをもってる。笑
a0155659_6245965.jpg

a0155659_6255073.jpg

a0155659_627174.jpg

a0155659_6262475.jpg

これは一部しかみれないけれど、会場は日本の国旗だらけ。声援や拍手、
スタンディングオーベーション・・・若く才能あふれる演技に国籍関係はな
く、ものすごい盛り上がりでした。


珍しくイタリア人選手も(Samuel Contesti)
a0155659_6283563.jpg


大注目の高橋大輔選手
a0155659_6292043.jpg

イタリア人の女性解説者が彼にベタ惚れで、この演技に関しても、賞賛の嵐。
その解説者達が言っていた言葉が、"sensuale"
辞書には「官能的な」とあるけれど、Sexyとはちょっと違う…体に訴え
かけてくる、体の底に響く…という感じ。まさにその通り。
息つく間も与えない、酔わせる演技。
会場も彼の世界に完全に引き込まれた。
この解説者、恋する一人の女子みたくなっていて、言葉がいい得て妙。
イタリア人らし〜い解説でした。こういう好き嫌いが見えるムラのある解説も、
公平さには欠ける時もあるけれど、個人的には好き。
しかし、イタリア人って美の形容が本当に上手い。


音楽と言い、振り付けといい・・・振り付け師もすごい才能。
高橋選手が楽しんで演技をしているのも伝わって来て、会場はまた熱狂に包まれ、
高橋選手がさらにそれに乗って行き、観客が一層熱狂・・の環。
もちろんスタンディングオーベーション。
男子で一番会場を盛り上がらせたのは、この人だったと思う。
演技の動画はここ 

パトリック・チャン選手
a0155659_631817.jpg


貫禄の演技

表彰式
a0155659_6331216.jpg

a0155659_6344549.jpg

a0155659_6363320.jpg

a0155659_6374179.jpg

[PR]
by grande-chico | 2012-04-04 04:17 | 旅の日記