トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Carrara Duomo でのコンサート

もう数週間前になるけれど・・・
CarraraのDuomo(大聖堂)でコンサートがありました。
a0155659_19162116.jpg

毎年、この時期になるとDuomoとAccademia di Belle Arti di Carraraにて6回ほどコンサートが催されます。Carrara市とCassa di Risparmio di Carrara(地方銀行)の財団が主催しているためすべて無料。
いっつも満員の、小さなコンサート。
内容はシューベルト、シューマン、ショパン、ベートーヴェンなどクラシックだったり、タンゴだったり。種類もオーケストラからバイオリンやピアノソロ、四重奏、声楽など日により様々。

21時からなので、平日の場合は夕食を急いで食べ、Carraraにバタバタと向かう感じ。
Duomoに鳴り響く音楽はとても美しく、リラックスできます。
教会のため、椅子は木張りで妊婦にはだいぶ座り心地が悪いけど(苦笑)、赤ちゃんも音楽を聞いているらしく、よ〜く動く動く・・・

残りのコンサートの予定は、
12/1 (土) 21時 @アッカデミア Italia–Francia Capolavori sconosciuti per violino e pianoforte
12/8 (土)21時 @アッカデミア Quartetti Modus(Flauto, Violino,Viola,Violoncello)
12/17 (月) 21時 @アッカデミア Concenrto di Natale Camerata Ducale di Parma

観光で来る人がいれば、是非つれていきたいコンサートの一つ。
出産してなければ、17日のクリスマスコンサートに行きたいな〜。

* * *
昨日の夕方から、またMassa–Carraraで集中豪雨があり、学校が休みに。

今は雨はやんだものの、夜は家の前の道路が海になっていて、道路に止めていたうちの車も中まで水が入ってきた・・・夫が夜中に車を動かしに行ったら、ひざ下まで水につかったらしい。
私は元々いつでも・どこでも眠れるタイプ+実習での肉体的な疲れでぐーすか寝てたけど、夫は心配なのと、目が覚めてしまったのとで、ほとんど眠れなかったとか。
警報はまだ今日の18時まで続いていて、これ以上なにもないことを祈るばかり。

その影響で今日の調理学校での実習もなし。楽しみにしてたのに。。。
なので、家でたまった用事をする事にします。
今週は、
木曜:普通の授業
金曜日:できれば雨の被害が出ていないか山の家をチェック&赤ちゃん用品を持っていく、
土曜日:Carta di soggiorno(滞在許可証)をとりに行ったり、用事もろもろ、
日曜日:クリスマスプレゼントの買い出しに(今のうちにやっておかないと・・・)
という感じで、またあっという間にすぎそうですっ

ソーイングの続き、できるかな?
[PR]
by grande-chico | 2012-11-28 20:55 | イタリアでの日々

Palazzo Binelliビネッリ邸@Carrara

Carraraのチェントロの歴史ある素敵な建物をご紹介・・・
a0155659_511384.jpg

中庭より。アンフィテアトロ(半円形の劇場)になっていて、夏なんかはよく講演やコンサートのイベントをしています。

Palazzo Binelliパラッツォ・ビネッリ(ビネッリ邸)。
元々は大理石の山を所有していた一族の邸宅が、1921年にイタリア銀行のものとなり、美術高校になり、そして1995年までアッカデミア(カラーラ美術学院)だった建物。
その後、Cassa di risparimio di Carrara というカラーラの地方銀行の財団の本拠地として、大規模に改修されて昨年の夏に完成しました。
珍しくカメラを持っていたので、少しご紹介。

a0155659_5235843.jpg

カラーラのシンボル・車輪(大理石を運ぶため)
a0155659_527458.jpg

a0155659_5274121.jpg

1階のカンファレンス・ルーム。天井のこの細やかな細工・・・

a0155659_5291667.jpg

主に2階は、カノーヴァ、トーヴァルセンをはじめ、名門アッカデミアの名を築いた地元内外のアーティストの貴重な石膏像が展示されています(アッカデミアのコレクション)。
a0155659_5493429.jpg

↑一番好きな作品
a0155659_551790.jpg

a0155659_5515073.jpg

天井も床も凝ってます
a0155659_5522889.jpg

a0155659_642517.jpg

階段部分。天井にはムラーノ(ヴェネツィアン・ガラス)のアンティークのシャンデリア・・・

昨年、カラーラの日本人アーティスト達が中心となって日本の復興支援のため、大規模なチャリティーイベントを行った際、この財団がかなりの作品を買ってくれました。
その日本人のアーティストの作品、そういえば見かけないな、どこだろう?と来る度に思っていたら・・・
a0155659_6133737.jpg

会長室でした。なんて贅沢。
a0155659_618925.jpg
a0155659_6173770.jpg

a0155659_6272333.jpg

a0155659_6354496.jpg

天井装飾
a0155659_3561511.jpg

秘書室(だったかな?)のアンティーク家具。
a0155659_3572735.jpg

a0155659_358249.jpg

こういう、クラシック×モダンな組み合わせ、すごく好み。
最上階は・・・
a0155659_40399.jpg

立派な梁に、大理石でつくられたカラーラ伝統のScacchi(チェス)柄の床。
そして透明のしきりに、モダンな照明。こういうの、すっごく好き!
新しい家の玄関は、いずれScacchi模様にする予定♪
a0155659_443150.jpg

日本には綺麗でモダンなオフィス、最高の眺めのオフィスはごまんとあれど、こういう古いものと新しいものを融合したオフィスはほぼ不可能。いかにもイタリアらしい。
こんなオフィスで働きたいな〜。
会議室
a0155659_547342.jpg

カラーラの大理石の世界を描き続けた、カラーラのアーティストSergio Vatteroni(セルジョ・ヴァッテローニ)のリトグラフィーが壁を囲んでいます。
a0155659_5485178.jpg

a0155659_5554099.jpg

a0155659_5561171.jpg

a0155659_652037.jpg

あれこれって?!と思ったこの彫刻、
a0155659_644326.jpg

よ〜くみたら、ダリでした!
a0155659_558882.jpg


事務所以外の部分はたしか、一般公開されていたかな?
夏なんかのイベントの時は必ず公開されていると思うので、カラーラに観光にくる場合は、立ち寄ってみてほしいおすすめの場所です。
[PR]
by grande-chico | 2012-11-25 06:05 | 近くの素敵なところ

赤ちゃんのためのちくちく・・・

a0155659_6562429.jpg

この前の土日、La Spezia〜Massa Carraraに集中豪雨があり、我が家の前の大道路も川のようになりました。あまりの雨の音に、夜中目がさめたほど・・・
ちょうど今月から、講座の授業をIstituto Alberghiero(調理学校)でやりはじめたので、学校が3日間雨で休校になった影響で選手は講座の授業はすべてキャンセル。
おかげで、Consultorioでの母親学級に参加したり、赤ちゃんの物の洗濯、入院準備、ソーイングなどなどず〜っと気になっていたことを少し消化!

予定日がクリスマスなので、あと出産まで一ヶ月位。
あと一週間ほどで正産期に入るなんて信じられない準備具合・・・
赤ちゃんの部屋どころか、家ができてない(笑)
もう間に合わなそうなので、あきらめて今の家に赤ちゃんスペースをつくりはじめたところ。家具も動かさないとスペースないし、一体どうなることやら・・


ともあれ、日本で買ってきたオーガニックのダブルガーゼを使って、や〜っと赤ちゃんグッズを作りました。
日本みたいな上質ガーゼはイタリアでは手に入らない、と友達に教えてもらったので、たくさん仕入れてきましたっ

ダブルガーゼを3枚重ねて、6重ガーゼのおくるみを。
冬だからガーゼってどうかな?と思ったけれど、おくるみとしてだけではなくて、膝掛けやお布団がわり、お風呂上がりにも使えるかな〜と思い。それも使わなくなったら、お鍋の保温にでも(笑)

バイアステープの幅を間違えて買ってきたことに。片面縫い合わせてから気づく・・・(遅い)。
ガーゼ生地のバイアステープなんてイタリアではきっと手に入らないので、諦めてなんとか取り付ける。母が来てくれる時に正しい幅のバイアステープを買ってきてもらい、そのまま上から塗ってもらえばいいや〜ということで、無理矢理仕上げる。
バイアステープ仕上げにしないで、中表に縫い合わせて仕上げればよかったんだけど、まぁいいか。


<自分メモ・作り方>
サイズ 82×82cm 、フード部分 27×27cm の生地3枚。角は丸く裁断。
すべて外表で、フード部分を先に仕上げ(飾りはこの時に)、裏布の一角に待ち針で留め、生地全体を縫い合わせる。バイアステープをつける。


a0155659_7201746.jpg

同じくダブルガーゼで背中用汗取りパッド。友達にプレゼントしたくて、たくさん作成中。
ダブルガーゼを二重にし、襟部分は家にあった端切れを使って(高校生の時に買ったものも。こんなところで使うとは・・・)

a0155659_802911.jpg

ビニール加工された生地でスタイとおそろいのテーブルマット。
これも友達のために・・・と思って、とりあえず試しにつくったもの。バイアステープがなくて、バイアスにしないで適当に自作したらひどく縫いにくく、大変なことになる。
やっぱり買わないとだめね。
こんど手芸屋さんを覗いてみよう。

イタリアの赤ちゃん本舗・Prenatalで必要なものをちょくちょく買い物。
a0155659_8201857.jpg

デザインが気に入り、機能的にも店員さんのおすすめだった、スペインのSuavinex(スアビネックス)の哺乳瓶、おしゃぶり、おしゃぶりホルダーを購入。色がすごく私好み。

最近のお菓子記録
a0155659_845750.jpg

メロンパン。今度は4つずつで。酵母の発酵具合の見極めが良くないのか、まだ固い。

最近、ふとバゲットが食べたいなーと思って、ちょくちょくバゲットを作っている。ケーキよりもバゲットにバターを塗って食べるのが好き。一番好きな食べ物のひとつ。
久々にバゲットを食べ、はまっていた数年前を思い出す(当時、これで太った)。非常〜に危険な食べ物。でも焼きたての香りはたまらんです。
a0155659_8105326.jpg

梨のシロップ煮を使って、アーモンドケーキ。差し入れ用に大きく作る。
a0155659_8123471.jpg

ショーウィンドーがクリスマス使用になってきたのを見て、そろそろナターレの準備!と思いドライフルーツのラム漬けを仕込む。
今年もラム着けフルーツのどっしりしたケーキを作って、お世話になった人にプレゼントする予定。
出産にひっかからないように、早めにしないとな。。

パネットーネも作りたいけど、まだ酵母も仕込めていないし(雨が降ってばっかり)、どうかな〜。時間あるかな〜。
[PR]
by grande-chico | 2012-11-20 08:31 | ハンドメイド

ニンプおやつとメロンパン裏技・考察

最近のおやつは、もっぱら柿。
スプーンで掬って食べる、柔らかい丸い柿と、固めの四角い柿、毎日飽きずにせっせと食べています。マチェドニアにしても、柿だけ自然と選んで食べている私。
うちはフルーツをよく食べるので、大体大きめのサラダボール一杯に数種類のフルーツを切って入れて、夕食後そのまま二人でボウルを囲んでワイルドに食べています・・・
砂糖やリキュール類は加えず、柑橘類の果汁を加えるだけ。たまーにコンポートが入るくらい。


そこまで柿好きじゃなかったのに、なんか体が欲しているというのか。。。
あと、安心して食べられるというのも◎

でも、それとは別に粉もののおやつが食べたくなるときは、よく蒸しパンを作っています。
a0155659_8211019.jpg

紫芋とさつまいもの蒸しパン。
近くで手に入るさつまいもは甘みがあまりないので、満足度は薄いけれど、栗の渋皮煮のかけらも入れたら満足の甘さ。

基本的に食べたいものを食べているけれど、糖分や油分をたくさんとると、食後に体が重くてすっきりしないので、家で食べるおやつはなるべく体に優しそうな「食べる」おやつを。
基本の材料は小麦粉、きび砂糖か黒蜜少し、BP、植物性の油ちょっぴり。
それにきな粉や紫芋パウダーなんかを気分で入れて。
かぼちゃやほうれん草ペーストでも美味しいかな。
ちなみに私には安心して食べれる満足なおやつだけれど、先日ちゃんとした蒸しパン(卵入り&砂糖たっぷり)を食べたら、あぁ甘い〜これが本当の蒸しパンだっけ〜?とびっくりしました。要は慣れ、ですね。

これはフライパンで蒸したけれど、動きたくないけどすぐ食べたい、という時は電子レンジもよく使います。同じ材料を耐熱容器に入れて、2〜3分。見た目は悪いけれど、超絶かんたんで、おすすめ。

11月1〜4日は、参加して3年目になるオリエンタルフェスティバルというイベントの最中だったので、みんなのおやつに、と慌ただしく焼いた菓子パン。
a0155659_838189.jpg

これ、私的に発明。
このつながった物体、メロンパン。見えないけれど
メロンパンを作るときは、小さいものを大量に作りたいので、成形が面倒。そして成形がへたっぴな私は、もたもたしてクッキー生地がだれたりパンが過発酵になったり(時間差でやればいいんだろうけれど、一度に焼きたいので)。オーブンのスペースもとるし。

そこでピーン!
ちぎりパンみたいに、丸めたパンを並べて、上からどーんとクッキー生地被せちゃえばいいじゃん〜!
作るのは大体小麦粉600gで一つあたりはかなり小さいサイズ。どうせすぐ食べられちゃうんだから、あんまり変わらないよねっ。。。
結果・・・
a0155659_8443392.jpg

中央あたりの火の通りが悪くて、長くオーブンに入れてたらこんが〜り小麦肌に。
でも見た目は悪くてもちゃんとメロンパン、でした。包丁で切り分ける時にどうしてもヒビは入ります。
楽だしもうこれでいいや〜。笑
でも今度は火の通りを考えて、2×2の4つの正方形ごとに焼いてみようかな。
お子さんのためにチャチャッとメロンパン作りたい場合なんか、おすすめの方法ですっ。

あと、メロンパンのクッキー生地がすぐにヒビが入る事に悩んでいたけれど、おそらく解決。
色々原因はあるけれど、単純に卵のサイズの問題な気がします。
こっちの小麦粉は吸水量が日本の粉と違うせいか、クッキー生地がうまくまとまらず、扱いにくかったけれど、卵のサイズLやってみたらすごく扱いやすくなりました。少なくとも二次発酵後にもうヒビヒビという無惨な姿にはならなくなった(というかこの時点で気づかない自分・・・)
タルトも同じく。

でも加水量がまだコントロールできなくて、底がカリッとする位の固めの生地のパンになってしまいました。
粉や酵母の違いか(ドライイーストではなく、生ビール酵母を使用)、日本と同じレシピだとうまくいかないことが多々。
私はパンは固めで香ばしいのが好きだけれど、日本のふわふわのパンに慣れていたら、「固っ!」と迷わず思うでしょう。。。
でも人に食べてもらうことが上達への道だと思うので、こんな状態でも色んな人に食べてもらいつつ、メロンパンへの道、まだまだ続きます・・・
少なくともイタリア人はやたら喜んで食べてくれるから、私としてもすっごく嬉しい。日本のパン、美味しいでしょ〜っ(鼻高々)
[PR]
by grande-chico | 2012-11-04 09:03 | 料理の記録