トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Buone Feste ....!!40週+6日

バタバタしてました〜。
赤ちゃんはまだお腹の中、まだ生まれてません〜!
ドキドキして待っててくれているみなさん、ありがとう♪
生まれたらちゃんと報告します〜!
疲れやすくなったけど、相変わらず元気。生まれる気がしない(笑)

クリスマスの前の週は、講座に2回通い、これで今年の講座全部終了。
休憩時間には、みんなでパネットーネとスプマンテで乾杯。
全部通えてよかった〜達成感!
a0155659_7503240.jpg

今年最後の授業はお米料理。bomba di risoやarancini、torta di cipolleなどなど。お米の料理の仕方がおもしろい。

夜は、クリスマスコンサート@Accademia(管弦+ピアノソロ。選曲も素晴らしく、クリスマスらしい幸福感溢れるコンサートでした。赤ちゃんがお腹にいるせいもあるのかな?ここ最近一番のコンサートだったかも。演奏中、赤ちゃんが海の中を泳いでいるイメージが湧いてきた、不思議・・・)、友達の誕生日パーティー、そしていま見に行かないとしばらく映画館はいけないから〜と近くのシネマコンプレックスへホビットを見に、クリスマスの前の晩は夕方から最後のプレゼント買い出し→妹や従姉とアペリティーヴォ→そのまま夕食。

ホビットを見た後は、その出来具合にかなりがっかりし、ロード・オブ・ザ・リングが見たくなり、天気の悪かった週末、用事をしつつ家でフルバージョンを3作分みなおす(長!)。
かなり懐かしい。

この週は4回夜出かけ、夜遅くに家に帰る。
普段あまり夜出かけないで家でのんびりすることが多いだけに、疲れてベッドになだれ込む日々。。
疲れたけど年末らしい日々。

今週は、イブの夜は恒例おじさん宅(父方)でディナーで夜更かし。
a0155659_7215079.jpg

恒例のプレゼントタイム。プレゼントの山。開けるとさらにすごいことになる。

今年のメニューは、
アンティパスト:スモークサーモンやオリーブ類
プリモ:魚介のパスタ(rotelle)
セコンド:魚介のスープ(トマトベース)
ドルチェ:ドライフルーツ、ラム漬けフルーツ入りパウンドケーキ

今年はアンティパストをシンプルにしたため、プリモとセコンドを十分に堪能して満足。
プリモはいつも通り料理上手ないとこが、セコンドはおじさん。父方の親戚ルーツが海の近くのため、クリスマスは魚介を食べるのが伝統で、おじさんが毎年最高の地味溢れるbrodetto(魚介のスープ)を作ってくれる。どこのレストランで食べるよりも美味しくて、毎年みんな楽しみにしている。
このあたりは肉料理を食べる家庭が多いから、珍しいかな。
ドルチェは毎年パネットーネを食べる事が多いけれど、今年はみんなが気に入ってくれた、ラムがたっぷり効いたクリスマスのパウンドケーキを作って持っていく。
二ヶ月以上日持ちのするケーキのため、今年は結局計8本(一本800g位)焼いて、お世話になった人にプレゼントしたり、今後のお客さん用に熟成中。今年はくるみの代わりに栗の渋皮煮も入れる。

クリスマスの昼は母方の親戚と義父の家でランチ。
そのあと、また流れで夜映画を見に行く。
途中から映画館が異常に暑くて汗をかいたのと、のどが痛くなってきたのと、疲れとでぐったりして家に帰る(まだちょっと喉が痛い)。

26日、両親が来る。ピサに夜10時半に到着のため、迎えにいったら、便がキャンセルになっている・・・。濃い霧のため、ピサ空港が使えなくなっていた。
インフォメーションで聞いたら、次のローマ発ピサ行きが翌日の10時にあるから多分それにのるんじゃないかといわれる(多分って・・・)
前回着た時も、飛行機の故障でパリからの便がなくなり、パリに一泊して翌日の便にのったから、そうなのかなと思う。ただ、両親からなんで電話がなかったんだろうと不審に思いながら、一度家に帰る。
家に帰ってからやっと両親の携帯に電話がつながり、ローマからフィレンツェへの代替便にのせられたけど、フィレンツェも空港が霧で閉鎖され、急遽ボローニャに着陸したという。そこからバスでピサに向かうらしいとのこと。
両親となかなか連絡がつかないし、アリタリアに電話しても客がどこにいるか把握していない状態(もちろん、電話をかけるのが有料)
しかも、ピサに真夜中につくのに、タクシーやホテルを手配してくれるわけでもない。
本当にお粗末な対応。

次の日夫は朝早くから仕事。私はこないでいい、と言ってくれてたけれど、やっぱり心配だったので、ふたたびピサまで2人で迎えにいき、朝2時半すぎ無事に会える。
家の近くのホテルはキャンセルしてしまったため(家が完成しなかったため、両親は家からすぐそばのホテル滞在)、急遽ピサのホテルをとり、ホテルまで連れて行き、家に帰ったのは4時半すぎ。
つかれた・・・
また、荷物一つが紛失、それはいいけれど、わざわざピサまで取りにいかされ、頑丈なスーツケースが見事に割れていた、などなど色々トラブル発生。
それからは、日本から持ってきてもらった大量の物を片付けたり、家の掃除や用事をしてもらってすごし中。

もう生まれているもんだと思ってたけど、逆に家のことを説明したり、用事を片付けられてよかった〜。これで生まれた後はよりスムーズに手伝ってもらえそう。

そして昨日はプライベートの先生のところへ検診。
「いい感じに下がってるから準備できてるんだけどねぇ〜。とりあえず近日中に病院でノンストレステストを受けて、火曜日までに生まれなかったらもう一度おいで、多分ないと思うんだけど。」
とのこと。ふ〜ん、そうですか〜。

内診でグリグリされて、その後しばらくお腹がず〜んとしてだるくなる。その後用事で携帯ショップに行き、椅子のないところで長時間待たされ、クラクラ始め、途中で退散。

<40週の様子>
・朝5時半くらいに、自然と目が覚めるように。
トイレに行きたくていきたくて目が覚めるというわけでもなく、寝返りをうてず同じポジションで寝続けるせいで体がだるいのと、お腹がすいたのと(笑)で目が覚める感じ。その後二度寝。

・朝方か午前中に一日一回くらいの頻度で、生理痛みたいな痛みがあり。でも眠くて起きたら治まっている。

・ちょうど足があると思われる、お腹の左上部分がぐにょぐにょ良く動く。前はその部分を押すと引っ込めていたのに、このごろはもうスペースがないのか、ひっこめない。胸の方を圧迫されると、苦しい。
・朝起きる時、骨盤が動くような変な感覚あり。起き上がるのがかなり重い。
・疲れやすくなった(特に昼前や夜)


このまま何もなければ、月曜日にノンストレステストを受けにいきます。
火曜日は31日だから、2013年生まれになるかもしれないんだ〜。
考えてもみなかった。

今日は朝バールでごはんを食べて、午前中家で用事をして、お昼ご飯を海の近くで家族と食べる。その後は2時間ほどチェントロや海の方を散歩。
年末+土曜日の午後+暖かくていいお天気、でとてもにぎやか。

家事はほとんど母がしてくれて大助かり。
ソファーでキッチンから漏れてくる香りと音を聞くしあわせ・・・あぁ久しぶり。
こんな感じで、バタバタしつつもしたい事をして、赤ちゃんの誕生をたくさんの人に楽しみにしてもらって、穏やかに最後のひと時をすごしています。

Tanti auguri di Buone Feste!!
一足お先に、みなさまよいお年を〜!!
[PR]
by grande-chico | 2012-12-29 21:46 | 妊婦生活

出産の入院準備と、赤ちゃんのためのちくちく2

a0155659_3441294.jpg

12月1日にツリーを出しました(伝統では12月8日だけど)。その日はなんだか疲れていたので、今年は全部夫任せ。飾っているのをソファーから眺めてました。
新しい飾りをクリスマスマーケットに行って買いたいんだけれど、なかなか行けず・・・
旅先や帰国中に買うか、直前にバタバタ買いに走ることが多いクリスマスプレゼントも、今年は何があるかわからないため、早目に準備!
ラッピングしていないものはラッピングして、全部ツリーの下に置く。
家族や友達、仕事関係の人用に全部で15個程。まだあと数個準備しなきゃいけないけれど、大部分を終えたので一安心。これで私が病院にいようが、大丈夫〜。

あとは、ケーキを焼けば終了なんだけど・・・
ただいま天然酵母のlievito madreを仕込み中。間に合うかな?パネットーネできるかな。

* * *

臨月に入ってから、病院でもらった入院準備リストに沿って荷物を準備しました(←遅い)。
リストは病院によって違ったり、なかったりするらしく、実際、Corso pre-parto(母親学級みたいなもの)で参考に、とくれたリストとだいぶ違ってました。
用意するものが少なくてびっくり。しかもちょっと変わってるような・・・
私が出産する病院は、いろいろ病院で用意してくれるらしい。しかも、イタリアでは普通分娩は48時間しか病院にいないため、替えの枚数も少ない(帝王切開は1週間入院)。

リスト:
1)妊娠期間中のすべての検査結果など 
  検査結果は全部バラバラの書類のため、日付順にファイリングしてまとめる。

2)赤ちゃんのためのもの:
 Inverno(冬)
・1 camicino della felicità(fortuna)
イタリアで縁起物とされ、生まれて一番に身につける、シルクのエプロンのようなもの1枚。ヨーロッパ共通かな?
・ 3 magliette pelle lana-cotone a mezza manica 
ウール・コットンのTシャツ3枚(半袖)*ボディや全身つながった洋服(なんていうんだろ?)はダメとのこと。変わってる・・・私は日本で用意した、コットンの肌着を準備。
・3 golfini di lana leggeri 
ウールの薄手のセーター3枚。背中にボタンがついているもの、また襟なしという指定。これまた変わってるような・・・探したけど見つからないので普通のものを準備。
・ 2 ghette lunghe
長ズボン2着
ソックス持参の指定があるけれど、足付きのものを準備(脚なしは60cm位からしか見つからず、新生児用には大きそうなため)。

・3 scarpine o calzini di lana
新生児用のくつか、ウールのソックス3足
ウールのソックスはチクチクしそうだし、見つからないため、コットンのソックスとウールのくつを準備

・3 bavaglini 
よだれかけ3枚 マジックテープなどで片側固定のもの。

a0155659_40141.jpg

記念に写真をアップ・・・
靴下、camicino della fortuna、ウールのくつ(縁起物だと言って、友達が手編みのくつを6色プレゼントしてくれた!)
a0155659_892516.jpg

日本製の肌着と上着
a0155659_811656.jpg

ズボンと、カーディガン、帽子(念のため)
a0155659_8114994.jpg

Wガーゼと余りの端切れで、よだれかけを作成。やっとこさ。

あとは、母親用に冬用の薄手ブランケット。他には母親用のものは全然リストにかかれておらず。なんて適当・・・
なので、産婦人科の先生に聞いたり、Corso pre-partoでもらったリストをもとに準備。
<母親用>
-Camicia da parto 出産用のボタン付きの長いシャツのようなもの。ネグリジェのようなものを準備。
-Vestaglia 部屋着
-reggiseni da allattamento 授乳ブラ
-coppette assorbilatte 授乳パッド
-mutandine monouso 使い捨てショーツ(任意)
-assorbenti per puerperio 産褥用のナプキン(病院で用意されるが、念のため)
-1 piccola catinella 洗面器
-calzette 靴下
-prodotti per l'igiene personale, per il trucco, asciugamani ecc. その他タオルや洗面用具など

後は、ホッカイロなど陣痛の際に役に立ちそうな物など。

月曜日から、39週。
下記以外は、体調に変化なし。夜も熟睡。ただ、ちょっと疲れやすくなったかな?
まだまだ生まれない気がする〜。

・一昨日から数回、脚が外れそうな付け根の激痛あり(ほんの一瞬)
・軽い生理痛みたいな痛みが一日一度あり
・すごい睡魔が襲ってきて、ここ2、3日2〜3時間も昼寝をしている。
[PR]
by grande-chico | 2012-12-16 03:39 | 妊婦生活

38週

a0155659_1836445.jpg

今週から38週目。
写真は、通っているalberghiero(調理学校)の前の風景。
学校の目の前は海。
昨日はあまりに気持ちいい天気だったので、いつもはバスを降りた後、海沿いに平行して走っている一本内側の道を歩くところ、砂浜を15分程のんびり歩いて学校に行く。
本当は授業の開始時間過ぎてるんだけど、いつも適当に始まるため・・・笑
最近はぐんと寒くなったので、ダウンコート+ムートンブーツの格好をしていたら、ポカポカ陽気で暑いくらい。サングラスが必要でした〜。

海岸沿いに車をとめて、食後の昼寝&日光浴をしている人、海辺のバールでカッフェを飲んでる人も。
静かで、穏やかな平日のお昼。冬の海って、好き。
a0155659_18454444.jpg

海の反対側は、雪をかぶった大理石の山がすっきりと(白いのは半分大理石、半分雪)。

月曜日はいつもの産婦人科の先生の所で検診。
臨月の内診で、すっごく痛い思いをしたという話を何度か聞いた事があったので、どうかな?と思っていたら、やっぱりしっかり奥まで見るためか、一瞬顔をしかめる嫌な感触あり。
痛い、というより、そこは触ってほしくない、気持ち悪いというか・・・
でも、ここから赤ちゃん出てくるんだよなぁ(笑)
あとは普通にエコー。
すべて順調で、体重は3kg近くあるかも?とのこと。
お腹は確実に下がってきているけれど、子宮口と産道はあまり変化はないらしい。

おそらく予定日を大きく越える事はなさそうだけれど、10日後まだ生まれてなかったらまた検診に来てね〜、と言われる。
イタリアは、臨月に入っても日本みたいに1週間に一度の検診はなし(プライベートは先生によって、また、本人の希望に応じてだと思う)。
病院の方も、陣痛が始まったり何か変化があれば、電話もせず直接救急の方へ行くのみ。私の場合は、何か変化があれば、プライベートの先生に電話して聞く予定。

先生に、週3〜4日講座に通っているけれど、そろそろ家で大人しくしていた方がいいの?いつまで出かけていいの?と聞いたら、
「自分が行きたいと思うまで行ったらいいわよ!なんにも問題ないわ!」という返事。
日本の本には「一人での遠出は避けましょう」としっかり書いてあった・・・笑
まぁ講座は夫もすぐこれる場所だし、友達もいるけれどね。


そして、
「経過がとても順調で、元気いっぱいだったから、お産もきっと穏やかなものになるわよ!」
「あなたは叫んだりしないわね〜。大丈夫よ!」←たまたま、立ち会い出産のことで、夫は私が叫んでるそばにいるしかできないけど〜という話題になっていた
「痛みが大きくなるほど、痛みの終わり、そして素晴らしい瞬間にどんどん近づいているのよ。大丈夫だから、リラックスしてね」
とニコニコと言ってくれました。

出産に対して、特に恐怖心は抱いていないけれど(心配してもキリがないし、来るべきものはいずれ来る・・・)、こういう風に先生に言ってもらうと、本当にそうなる気がして、穏やかな気持ちになれる。
先生は、夫の妹も、お母さんも見てもらっていて家族ぐるみの付き合い。
いい先生に見てもらえて本当に感謝。

<37週>
・病院にてelettrocardiogamma(心電図)の検査(13ユーロ)、異常なし
・病院にて麻酔科医とのアポ
 アレルギーや過去の病歴などを聞かれ、麻酔についての説明。15分程の面談で、署名して、サインをして終わり。

<38週の様子メモ>
・おおむね変わりはないが、お腹が頻繁に張るようになる。先週末から、生理前のような腰やお腹の嫌な感じが時々あり(懐かしい・・・)。子宮収縮は感じているが、痛みはないので前駆陣痛ではないかな?
・動悸がだいぶ軽くなる。
・胎動は変わらずあり、ただ動き方が、いかにも狭いスペースで体をねじってます、という感じになってきた。骨盤近くのかなり下でも胎動を感じるようになる。
・相変わらず夜は熟睡で8時間程。仰向けメイン。朝用事がない日は、目覚ましもかけず、寝たいだけ寝る。寝る前のヨガが効いているのか、疲れているのか、本当に熟睡。しあわせ・・・

・講座から帰ると、試食でお腹いっぱいなのと、疲れたのとで何もしたくない・眠いモードに入る。
 なので夕食だけ準備して、できれば後片付けで夜はほとんど用事をしない日々・・・片付けは夫がやってくれる。後は午前中を活用(午前中はすごく元気)。
特に夜、「これやらなきゃ」と思うとストレスになって不機嫌になることに気づき(被害者・夫)、せいぜい自分を甘やかす毎日。最後の贅沢・・・
・膀胱が圧迫されている感じがすることはたまにあるが、それほどトイレは近くない。夜中も起きることはなし。まだこれから?
・腰痛なし。

こうやってみると、体に確実に少しずつ変化は出ているけれど、はっきりとした兆候はまだなし。
来週あたりに出てくるのか、それとも意外に早い出産でもないのかな?と思い始める。

あと今週やることは、
・最後の血液検査(CUP)
・臍帯血のドネーションのアポの予約

今日はリゾットの授業♪
年内の調理実習は今日を含めてあと2回、普通の講義も多分2回。だいぶ消化できて一安心。
来週も行けるかな?

きのう授業で作ったCannoliniカンノリーニ。このあとカスタードを詰める。さくさく美味でした。
a0155659_21282091.jpg

[PR]
by grande-chico | 2012-12-12 21:34 | 妊婦生活

本日の裁判官

a0155659_7435532.jpg

a0155659_7464997.jpg

階段をのぼって、
a0155659_749289.jpg

伸びと爪研ぎでもして、
a0155659_7503380.jpg

a0155659_7522914.jpg

ちょっと腰掛けるか、よっこらしょっと、
(↑裁判官席)
a0155659_7583525.jpg

毛繕いもしとくか
a0155659_884125.jpg

"LA LEGGE E' UGUALE PER TUTTI"
=法律は皆に平等である

仕事中の夫から送られてきた、先日の裁判所の風景。
この猫、書記課の人の猫で、よくその辺(裁判所内)をうろうろしているらしい・・・
[PR]
by grande-chico | 2012-12-09 08:34 | イタリアでの日々

寒くなってきたから・・・

寒くなったから、食べたいもの。
やっぱり、ミネストローネ。
a0155659_6272385.jpg

野菜とお豆たっぷりのスープの日は、あとは焼きたてのパンと
a0155659_6283949.jpg

ちっちゃいバゲット。クープがうまくできるようになるのはいつの日か・・・
ちょっとつまむものだけで、お腹も心もいっぱいな我が家・・・
(夫よ、ありがとう)
a0155659_6303549.jpg

この日は山の家(Zeri)で買った特産品、ポルチーニのオイル漬け。
お気に入りのレストランのオーナーがやっている食料品店で手に入ります。
すっごく美味しいの・・・!!
その辺のスーパーで買うもの、もう食べれません。

a0155659_6332824.jpg

Carciofiアーティチョークのリゾットとか・・・

あと、トスカーナ名物、Pasta fagioliパスタ・ファジョーリ(お豆のパスタ)!
この前調理学校でパスタ・ファジョーリをはじめたくさんスープを作ってきたので、近々まとめてアップします〜。
調理実習が終わるのが6時、そのうち5時半位から試食タイム。
パスタでもドルチェでも、一度に4〜5種類はつくるため、試食というか本気のごはん、な量。
家に帰る頃には、肉体的な疲れと、お腹いっぱいな状況とで、全然キッチンに立つ気が起きず、こういう簡単なご飯を事前に用意する日々・・・・
でも、楽しい♪

あと、最近つくってみて気に入ったもの。
時間がない時につくる、超簡単なこのチーズケーキ。
a0155659_643461.jpg

いつもはフィラデルフィアを使うところ、
山の家の特産品の、クリーミーでドルチェな美味しいチーズを使ってみたら大成功!
スフレは普通のチーズを使うのが好きでやっていたけど、ベイクドチーズケーキもすっごくいけました。チーズの味がしっかりして、濃厚。イタリアの家族にも大好評でした。
a0155659_6451565.jpg


これに、さらに食べる時にこれまたこの地方特産の、栗の蜂蜜をちょこっとかけて・・・
栗の蜂蜜は、独特のクセがあるので私はドルチェやパンに使うのはあまり好きじゃないけれど、チーズには絶妙な組み合わせですごく好き。
チーズケーキにもいけました!
やっぱり、土地のものは、土地のものとの食べ合わせが一番なんだなぁ。

明日は先週つくった生パスタのソースを作る授業♪
[PR]
by grande-chico | 2012-12-05 06:54 | イタリアでの日々

臨月に入って・妊婦生活いろいろまとめ

a0155659_25518.jpg

一番最初にとったエコグラフィー(3ヶ月)。まだちっこいので、体全体が写っている。
気づけばもう、36週も終わり、明日から12月!!

家のまわりの素朴〜なイルミネーションがつきはじめ、お店もクリスマス仕様にキラキラしてきました。もうすぐクリスマス=出産ももうすぐ(予定日が12月25日)という実感がちょっとずつ・・・
来週から寒くなるらしいから、クリスマスぽくなるかな。

今まで暖かすぎて、さらに家の中がセントラルヒーティングで暖かいので、夫婦ともども夜中におでこを蚊に刺されて目をさますという始末・・・安眠妨害の憎きやつ。


先週、出産する病院へ初めて行き、担当になる先生と会ってきました。
普段見てもらっている先生の紹介で、詳しくは話が通っているため、簡単に経過などを話して、エコグラフィーと内診をして終了。異常なし、よかった。
「子宮が広がってきているし、お腹も下がってきているから、ちょっと早めの生まれるかもね〜」と言われる。
あ、そうですかーって聞いていたけれど、後で思えばちょっと早めって数日なのか、数週間なのか・・・?一応聞いておけばよかった〜

そんなこんなで、おちおちしてたらあっと言う間に生まれるんでは!?と思い始め、ずーっとやろうと思ってしていなかった、妊婦生活の記録をちょっとしておきます。
自分の覚え書き。

いままでの経過・・・

◆妊娠初期〜15週
常に気持ちは悪いが、一度も吐かなかった事を考えれば軽いつわり。また、早く治まる。

・特に朝に強い吐き気、胃の不快感、だるさ、のどの渇き、強い眠気。高温期のため熱っぽく風邪のような症状。
・匂いに敏感になる(出汁、玉ねぎのにおい、好きだった全粒粉が食べれなくなる)。
・3ヶ月過ぎた頃朝の吐き気が弱まり、キッチンに少しずつ立てるようになる。そのあといつの間にか吐き気がほぼなくっていた。
・食べている時が一番気分がいい(空腹時・食後が気持ち悪い)ので常に何かをつまむ→胃が疲れてムカムカ。
・4月24日〜葉酸(acido folico)を処方され飲み始める。その後、日本の市販のものを飲み続け中。
・トキソプラズマ陰性のため、念のため火の通っていない肉、サラミ、チーズ、生卵を絶ち、外食でのサラダ、皮のない果物類もやめる。家では重曹でのつけ洗いで対応。日本で刺身は問題なく食べる。


◆妊娠中期〜27週
時々夜に気持ち悪くなったり、疲れやすくなったが、体調すこぶる良し、異常なし。
貧血はあり。

・ウィーン、クロアチアでも体調良し。街を一日歩き回ったり、2時間くらい山道をトレッキングしたが問題なし。
・気をつけていたが、ビーチでの日焼けで肌に強い症状がでる。氷で冷やしてもかゆみで眠れない日が数日続く。旅行中だったためネットで調べて考えた上、こわごわ常備しているセチリジン(抗アレルギー剤)半粒服用。その後、皮膚科医などに確かめ、問題ない事がわかるが、症状は治まりその後服用なし。
・8月16日頃、スパにいる時にお腹にポコポコという動きを感じる。腸が動いているんだと思っていたら、後で胎動だということに気づく。
・帰国のフライト・・・足場の広い席にしてもらえ、すごく快適。大きな荷物を少し持ち上げる事も数回あったが、問題なし。
★日本帰国中
・食後の動悸が強くて気分が悪くなり、食後横になるようになる。
・お腹が張るようになり、買っておいたが忘れていたトコちゃんベルトをつけると、ものすごく快適でお腹が張らなくなる。その後、常に着用。
・立ちくらみがするようになり、貧血症状?
・美味しいものを食べているとき、お風呂に入っている時に赤ちゃんがよく動くようになる。食欲旺盛で食べているときの幸せ度MAX。
・日本での最初の検診で頭が下になっていると言われたが、2回目には頭が上に戻る。

  
◆妊娠末期(28週)〜36週末現在
体調すこぶるよし、異常なし。貧血あり。

・10月14日、7月から血液検査の結果で軽い貧血がでていて、その後の検査でも数値が良くならないので鉄剤を飲み始める。胃の負担を減らすよう、液体のものを処方される。数日、胃の不快感があったが、その後気にならなくなり現在も服用中。食生活でもほうれん草やひじき、赤身肉などを食べるようにしているが、よくならず。
・しばらくしんどくてやっていなかったパン作りやお菓子作りもしたい気持ちになり、再開。食欲も旺盛。
・食後、動いた時の動悸、息切れはあるが、少しずつ軽くなってきた?
・トイレに行く回数は、まだそれほど多くない。
・足をつることが多くなる。最近はあまりなし。
・寝る前のストレッチの際、右足の付け根が外れそうな激痛が数回起きる。最近はあまりなし。
・ずっと仰向けで寝ていたが、最近になってシムスの体位でお腹に小さなクッションを挟んでねることも。でも気づけば仰向けが多い。毎日7〜8時間超安眠。寝たいだけ眠れる。
・お腹の形がいびつなことが服の上からわかるくらい、ぐにゅぐにゅ動くようになる。36週末現在、狭そうだが胎動はまだよく感じる。
・ウォーキングの時間を取りたいが、余裕が日々の生活で体を動かすように。平日は、講座へ行く道で毎日ゆっくり20〜30分程度歩く。荷物があるのが難点だが、海の近くを歩くのはとても気持ちいい。一度1時間ほど歩いたとき、帰ってからさすがに疲れて爆睡したが、問題なく気持ちいい疲労感が残ったのみ。夜も熟睡。
・調理実習でのたちっぱなし2時間半〜3時間も、歩きやすい靴にして、疲れたら座るようにすれば、今のところ問題なし。終わると疲れはあるが、夜疲れて熟睡できる。
・今のところむくみ、便秘、腰痛等はなし。トコちゃんのおかげ?
・食欲はかわらずあり。
・体重増加は順調、現在+9.2kg (イタリア標準は40週で12kg)
・よくお腹が張るようになる。
・35週末でやっと入院のバッグの準備をする。赤ちゃんグッズもまだ少し買い足す必要あり。。。

a0155659_4172753.jpg

2週間程前、夫の妹の家に泊めてもらって週末をフィレンツェで過ごす。
それぞれ1歳半、3ヶ月の子どもがいる、ヴィチェンツァやボローニャの友達も集まり、食事したり散歩したり、2日間のんびり。

1歳半の友達の子が、ほんとうに手のかからないご機嫌な子で、マンマと離れてもちっとも気にせず、私と手をつないで歩いてくれる。
写真は、子どもの歩くペースと、妊婦の私のペースがぴったりで、あぁ子どもがいるってこんな感じなのかな〜とはじめて実感、の図。
あと不思議なことに、会ってすぐ、お腹の周りにこの子がまとわりついてきた。
何か感じるのかな??

3ヶ月の赤ちゃんのオムツ替えや授乳もみたり、友達と赤ちゃんの靴や洋服、おもちゃ屋さんをみてまわり、なんとなく実感が湧いてきた楽しい週末でした。1日中街歩きして疲れたけど、楽しかった!久しぶりの都市だし(笑)
3カップル+シングルの女の子に、赤ちゃん2人のこのグループ。遠くに住んでいてなかなか集まれないので、次会う時は赤ちゃん3人。楽しみだね!遊んでくれるかな〜。といって別れる。

フィレンツェはちょうど、気候もよくとってもいい季節でした。12月に入るとクリスマスでキラキラと華やかになるけれど、店はクリスマスプレゼントの買い物客でどこも大・大混雑で疲れるため。。。

* * *
ついでに、イタリアの妊娠の医療システムについても少し・・・
※私はトスカーナ州にいるので、トスカーナのシステム(地域によって多少違う模様)
既に記憶が曖昧だったり、勘違いもあるかもしれないので、覚えている範囲で。

a0155659_242379.jpg

妊娠したことを近くのConsultorioへ言って告げると、この"Libretto di gravidanza"がもらえる。
他に母子手帳のようなものはなし。
a0155659_244496.jpg

中はこんな感じで、切り取り線のついたチケットのようなものが十数枚。このチケットを持って、medico curante(主治医=ホームドクター)のところへ行き、サインしてもらう。サインがないと使えない。大体サインしてくれるのは一度に3枚くらい。

検査内容は、
◆初期
・7週〜 諸々の血液検査、尿検査(CUP)
Gruppo sanguigno e fattore Rh, testo di Coombs indiretto(1);esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;ALT AST;glicemia (7),creatininemia;VDRL TPHA;rubeotest, toxsotest(2);HCVAb(3);HIVab(4); esame urine.

・11週〜13週 エコグラフィー(Carraraの産婦人科)
Ecografia ostetrica

・12週  エコグラフィー、トリソミー21(ダウン症候群)のリスクをみる検査(Massaの病院での説明会の後、Carraraの産婦人科にて検査)(20ユーロほど)
Pap test(5)

◆中期
・14週〜17週 尿検査(CUP)
Esame urine

・19週〜21週 エコグラフィー(Carraraの産婦人科)
★予約がいっぱいでとれなかったのもあり、プライベートのエコグラフィー専門の医師に詳しい検査をしてもらう(150ユーロ程)
Ecografia ostetrica


・19週〜22週 尿検査(CUP)
Esame urine

◆末期
・26週〜27週 尿検査、血液検査(妊娠糖尿病の検査)(Carraraの病院)
朝一番に病院に行き、甘いシロップをコップ一杯飲み、空腹時の血糖値を1時間ごとに2回はかる検査。よくあるらしいが、途中で気分が悪くなりベッドに横にならせてもらっていたら、寝ていた・・・
Esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;esameurine


・30週〜33週 エコグラフィー(Carraraの病院)
Ecografia ostetrica

・31週〜32週 尿検査(CUP)
Esame urine

・34週〜36週 B群連鎖球菌の検査(膣内と肛門内のタンポン検査)(CUPで当日受付をしてからConsultorioにて検査)
★36週に行う。早めにいくと、もう一度やらないといけないらしい。
Tampone vagino−rettale con specifica ricerca di streptococco beta−emolitico

・35週〜36週  血液検査、尿検査(CUP)
Esame emocromocitometrico completo con conteggio piastrine;HBsAg, PT(tempo di protrombina); PTT(tempo di tromboplastina parziale);fibrinogeno; esame urine

・38週〜39週 尿検査(CUP)
Esame urine

・40週 ノンストレステスト、エコグラフィー (出産する病院にて)
Cardiotocografia(NST),Valutazione ecografia del liquido amniotico


*尿検査、血液検査は家からすぐのCUPにて(Prelievo朝9時まで、検査の引き取り10.45〜12.45)
*エコグラフィーなどの病院での検査は、まずUSLに行って受付を済ませる。

イタリアは医療は基本的に無料のため、上記の検査も費用が書いてあるもの以外はすべて無料。
私は+知り合いのプライベートの産婦人科医に1ヶ月に一度くらいのペースで行き、検査結果のチェックや、アドバイスをもらったり、エコグラフィーをしてもらう。
プライベートの産婦人科医にかかる場合は自費のため、医者によるが一回の診察につき100〜150ユーロだとか。

日本で2回産婦人科医にかかった時も、区からの援助でほとんど費用を払わなかったけれど(イタリアで時期を逃してしそびれたトキソプラズマの検査のみ自費)、イタリアでも今のところほとんど費用を払わずに済んでいます。ちなみに出産費用も無料。
日本と違って、予約、検査、診察を全部ひとつの場所(病院)でできるわけではないので、慣れるまでよくわからず面倒だったけれど、慣れればそんなに悪くないシステム。
むしろ、イタリアの病院システムの悪評ばかり聞いていたので、なんだ機能しているじゃん、という感じ。
でもトスカーナはヨーロッパの中でも保健水準がかなり高いと聞いたので、地域によるのか・・・?

ただ、エコグラフィー類は予約が必要なため、早めにする必要あり。検査する週数が決まっているため、夏休みとか特殊な時期にひっかかると予約がとれない可能性が多いにあり。

明日は出産する病院で心電図の検査、来週頭には無痛分娩のための麻酔科医とのアポ、B群連鎖球菌の結果が出たらプライベートのクリニックでの診察の予定。
すべて条件がそろえば、水中出産(色んな条件がそろわないとできない)、無理であれば普通分娩で、我慢できなければ無痛分娩(ヨーロッパでは主流)を私は希望中。

今日12月の予定が出て、講座が19日まであるので、いつまで通えるかな〜と思っているところ。
元気に生まれてくれればもちろん何でもいいんだけれどね、今のお勉強がとっても楽しいから、クリスマスのお休みくらいに出てきてくれると嬉しいんだけどなぁ〜とお腹に語りかけ中。わがままなマンマ・・・
すこぶる元気な私も、そろそろ腰痛等の症状が出てつらくなってくるのか?
そして、どんなお産になるかな??
残りの期間をめいっぱい楽しみますっ

a0155659_1561140.jpg

靴下、ちっちゃいねぇ・・・
[PR]
by grande-chico | 2012-12-01 04:26 | 妊婦生活