トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ルニジャーナの春

4月末に山の家に行った時の写真ですが。。。
ここのところ本当ドタバタの日々で、下書きに保存したまま、アップできずにいました。

うちののっぽ桜が綺麗でした。
ことしも指をくわえてさくらんぼを眺めるんだろな。
a0155659_23482058.jpg

a0155659_23482389.jpg

道端のプリムラも、庭いっぱいのスミレも、ひつじも…山の遅い春をよろこんでいるみたい。
そうそう、プリムラってイタリアにきてから、もとは野生の花なんだと知りました。イタリア語でPrimula。"prim"はprimavera(春)にあるように、はじまりを表す接頭語。うつくしい響きで大好きです。
a0155659_23492891.jpg

a0155659_23492758.jpg

a0155659_23493021.jpg

a0155659_23493461.jpg

a0155659_23493667.jpg

a0155659_23493827.jpg

[PR]
by grande-chico | 2013-04-30 23:42 | 山の家

今年初の、まめごはん

a0155659_7233381.jpg

我が家今年初の、グリーンピース。
a0155659_7233576.jpg

まめごはんにして頂きました。
瑞々しくって、甘くて、春だなぁとウキウキする味でした。

次はそら豆、アスパラ、さくらんぼが楽しみ〜。

今日は急に講座がなくなって一日フリー!
あれこれやることを考えていたけれど、結局溜まった家事をして、靴の修理とメルカートにお散歩がてらでかけ、ミラと一緒にお昼寝して(久々の昼寝、幸せ〜)、また家事をして…で一日おわり。ミラも一日ご機嫌だったのに〜。
ほとんど何もこなせなかったけれど、豆ご飯を食べながら、久しぶりにミラとべったり過ごし、あぁ良い一日だったな、と思う。

明日はお休み♪
[PR]
by grande-chico | 2013-04-25 06:22 | イタリアでの日々

春の海で

a0155659_7292481.jpg


先週は毎日講座があって、午前中も医者やら用事でお出かけ。
気分転換も必要よね♪とかいって遊びの約束もいれて動き回っていたら、金曜日から喉が猛烈に痛い。そして鼻、微熱と私お決まりコースの風邪を久々にひきました。

授乳中だから薬もほとんど飲めないし、悪寒が襲ってくる。
おまけに次の日は、朝9時からマーケティングの授業、午後はパスティチェリア(パティスリー)の実技の授業。絶対休みたくないし、搾乳だってしてないし、寝込んだらどうやってミラの世話をしようと色々頭を駆け巡る。
結局さっさと就寝し、朝起きたら熱っぽさがおさまっていたので授業に出てみたら、体調が良くなってきた。

やっぱり体が第一!
大事にしなければ。

写真は、朝から夕方まで講座のオリエンテーションをした、海に面したヴィラ。
自分のしたい仕事や事業について、そしてこれから行う研修先についてグループで話し合う。
海岸や庭のリラックスした雰囲気の中で、日光浴しながらイメージを膨らませ、お昼を食べ、コーヒーを飲みディスカッション。
オリエンテーション自体は、就活や自己啓発で何度もやってきた内容で目新しさはないけれど、素敵な環境でさせてもらい、インスピレーションが湧く。
こういうのって、イタリア人は上手い。

ちなみにこの場所は、年配の人が夏の間に使う宿泊施設らしい。

春の海は、おだやかな光を反射して輝いていて、たくさんのエネルギーを分けてもらう。
恵まれた環境に心から感謝・・・
[PR]
by grande-chico | 2013-04-20 07:17

週末フィレンツェ

a0155659_544109.jpg

金曜日の夜から、2泊で夫の妹が住むフィレンツェにいってきました。

行きは電車の旅。
ミラ、初めての電車に、初めてのお泊まり。夜の電車だったので途中から布を被せて暗い環境をつくり、揺れも手伝ったのか途中からねんねしてくれる。
結局夜8時位から朝7時まで、ほぼいつものリズムで夜起きることなく寝てくれてほっ。

a0155659_54416100.jpg

初夏のような暑さに、ひさびさの街・人混みでリフレッシュできました。
(普通は逆なんだろうけど…)

朝はゆっくり起きて、妹の家からすぐのオーストリアのパスティチェリアで夫に買ってきてもらった色んなパティスリーを朝ごはんに。
それに、トースト好きの姪っ子に焼いていったパン、つくったいちごジャム、カフェラッテ。
a0155659_5442228.jpg

昨年夏にウィーンで食べた、美味しいお菓子やパンを思い出す。バターのいい香り、でもフランスのクロワッサンほどは重くなく。ほんっとうに美味しい。

全粒粉のブリオッシュ(ココアみたいに真っ黒。香ばしい)に、チョコがかかったブリオッシュ、vuota(何もはいっていない)、全粒粉のパイ、などなど。
みんなでだらだらのんびーり朝ごはんを楽しむ。

イタリアにいると、本当にイタリアンばかりだから、こうやって外国のものを食べるのが新鮮で、ものすごくテンションあがる〜。

このパスティチェリアはフィレンツェっ子の間でも有名なのだとか。
今度はお店で食べたいなー。
Caffè Rainer
www.pasticceriaaustriaca.it/home.html
[PR]
by grande-chico | 2013-04-16 05:07 | イタリアでの日々

天然酵母、再び。

妊娠中に放置(冷蔵庫の奥に…)していた酵母、いい加減まずいな(汗)と処分しようとだしてみたら、なんだか生きてる感じ。
ダメもとでライ麦のカンパーニュをつくってみたら、もこもこ膨らみ、無事たべられたー!
天然酵母って寒いところで保存すれば、何もしなくてももつものなの??

ともかく、生きてることがわかったので酵母を使って久々にレーズンの食パンを。
a0155659_4433166.jpg

シナモンシュガーをトップにたっぷりかけて。
友達にあげたくて慌てて作ったら、前回型に油脂を塗り込まないでしまったのを忘れて焼いてしまい、型にこびりつくわ、レーズンは少ないわ(思い立って作ったので、足りなかった)。。。
でも喜んでもらえて嬉しかったー!

酵母の香りがやや残ってたので、発酵が足りなかったかも。酵母の力が弱まってるのかな?
余裕をもって作って、酵母の様子をしっかりみなければ。

暖かくなってきて、パン作りが楽しみ。
わたしのストレス解消法♪
[PR]
by grande-chico | 2013-04-11 08:16

Panigacci di Potenzana ポテンツァーナのパニガッチ

a0155659_638183.jpg

先週末、Aullaから4km程車で上がるとある小さな村、Podenzana(ポデンツァーナ)の名物、panigacciパニガッチを食べに行って来ました。

パニガッチは小麦粉と塩、水だけで練った液状の生地を、テラコッタの丸くて小さな型に流し込んで焼いた、素朴なパンのようなもの。
ハム(プロシュットクルード、コッパ、パンチェッタ)やチーズ(ストラッキーノやゴルゴンゾーラ)を挟んで食べたり、茹でてパスタの様にペスト(ジェノベーゼ)やラグー(ミートソース)で和えて食べます。

今回はプリモにラビオリとタリアテッレを頼み、セコンドにパニガッチを。
熱々のパニガッチがかごに盛られて出され、各々ハム、チーズを挟んで食べます。

後でNutella(ヘーゼルナッツ入りのチョコクリーム)もでてきました。
粉好きにはたまらない、素朴な味。熱々はまた格別!

a0155659_6382043.jpg

ずーーっと雨ばっかりの3月。この日も生憎の雨模様だったけれど、レストランの周りを食後に散歩すると、かわいい紫色が散らばっていました。
a0155659_6382233.jpg

大好きなスミレ。
春はもうすぐそこ・・・

レストランは見晴らしがとてもいい高台に位置していて、また天気のよい日にくるのが楽しみ。
お散歩にもぴったりの場所。

Ristorante Albergo Mirador
Via del Gaggio,22 Podenzana(MS)
tel 0187 410064

せっかく地域の特産品についての講座に通っているのだから、ブログにもまとめて記録しておきたいと思いつつなかなかできず。。。
そうそう、4月からパスティチェリアの講座にも通う事に。
楽しみ!!
[PR]
by grande-chico | 2013-04-01 05:52 | 地域の特産品prodotti tipic