トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ルニジャーナの冬の一日

a0155659_1892523.jpg

最後の授業はルニジャーナのとある村で。大雨の後の、久々にすっきり晴れた一日でした。太陽がポカポカ。
日も長くなってきたし、ちょっとずつ春が近づいています。山の方なので雪が積もっていて、子どもみたいにはしゃぎました。笑
今年はほとんど山の家に行けていないけど、こうやって授業を通してルニジャーナ地方を満喫しています。
a0155659_1892250.jpg

Neccioネッチョという、栗の粉で焼いたクレームみたいな郷土料理を村の人たちにご馳走になる。
クレープみたいといっても、材料は栗の粉100%、水、塩だけ。これをテストという鉄のフライパンのようなもので焼いて、リコッタやソーセージを挟んで食べます。
栗の粉の素朴な甘さと香りが口いっぱいに広がります。最高に美味しい!!!
おじいちゃんおばあちゃんのテストが家にあるようなので、落ち着いたらneccioパーティをしようと友達と約束♪


a0155659_1892484.jpg

久々にカステラ。ザラメもいれて。次回はもうちょっと卵を足そうかな。
普段甘いものはあげないので、ミラもすごい勢いで食べていました〜。
油脂もベーキングパウダーも入っていないからやっぱり日本のお菓子はお腹に優しい。
さてこれから、論文に試験勉強の日々です。終わったら、授業で行った、知られざる素敵な場所をいっぱい紹介しますっ
[PR]
by grande-chico | 2014-02-23 17:38 | 地域の特産品prodotti tipic

天然酵母、復活

a0155659_8392962.jpg

まだまだ勉強の日々です。
正確にいうと、学校に通うだけで家ではなかなか勉強できませんが。。。

友達とうちでランチがてらテスト勉強。勉強の合間にパパッと食べれるもの、手間のかからないものということで、久々に天然酵母を起こしてパンを焼く。
具は家にある卵とかチーズ。全粒粉類もナッツなどもなく、白い小麦粉、塩、水だけ。
いつぶりだろう?
食パンに至っては、ミラの生後5日くらいの時に食べたくなって作ってからつくってないような…?

酵母の元気がいまいちでタイミングを逃し、過発酵に見た目もうふふだけど。
でも酵母を育てるワクワク、パンを捏ねる感覚、焼き上がる香り…どうでもよくなる〜♪ひゃっほーい!

少な目に700gで仕込んだけど、3人分のサンドイッチでほぼなくなりました。
いったいどんだけたべたんだろう、恐るべしイタリア女子の胃袋。笑
目一杯頬張ってくれる友達の笑顔、あぁ嬉しい!!

元気いまいちの酵母は種次せず、近々また起こしなおします。
天然酵母は美味しいだけじゃなく、子育て中の私にピッタリ♪
やめられない〜。今はなかなかできないけど、またちょっとずつ、ちょっとずつ。

ミラが美味しそうに食べてくれたのも、嬉しかったな。

a0155659_8393183.jpg

[PR]
by grande-chico | 2014-02-04 08:07 | 料理の記録