トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

イスタンブール(3)街歩きで見た風景

このごろは、2回目の洗濯を干す頃には、1回目の洗濯がほぼ乾いています。
北トスカーナは洗濯日和の日々です。
たまに雨も降ってくれないと、畑が心配なんだけど・・・

愛用のMacが古くなったせいか、とても重くて写真のアップロードに時間がかかる。
夫の比較的新しいMacを使ったとき、それはそれは早くてびっくり。
どうにかならないかな?
ともかく、今日は時間があるので、貯まっている写真をアップします。

イスタンブールの最後の日記。
↓ガラタ塔からの眺め
新市街の高台の南端部はビザンツ時代のジェノバの自治居留地となり、ガラタ塔はその
シンボルとなっていました。
新市街、旧市街、金角湾、ボスフォラス海峡が全て見渡せる場所。
a0155659_17304425.jpg

a0155659_17334896.jpg
a0155659_1732593.jpg

ひたすら歩いて、歩いて。
旧市街の海沿いには、たくさんレストランが連なっていて、夜は温かい明かりのもと、
満員のテラス席から笑い声が飛び交っていました。レストランは観光客ばかりのようだ
けど、それでも一歩小路を入ると、下町でした。
a0155659_19272576.jpg

a0155659_17453380.jpg

パンやさんもあり。トルコのパン、美味しい!
a0155659_17575938.jpg

a0155659_18524762.jpg

なかでも、手押し車でおじさんが売っている、「シミット」は、小腹がすいたら
ちょくちょく買ってたべました。1つ40円くらいかな?
見た目は大きなドーナツのようで、黒か白のゴマが上にたっぷり。ゴマの香ばしさと
、あっさりとしたパンが絶妙でとまらない、素朴な美味しさ。
…と書いていたら食べたくなったので、近いうちにつくってみます。

旧市街と新市街を結ぶ橋には、釣りをしている人がたくさん。橋を立て替える前は、
橋のたもとでその場で揚げた魚をパンにはさんで売る出店でにぎわってたとか。
たべてみたかったけど、橋が新しくなってからはなくなってしまったのか、みあたらず。

↓グランド・バザール入り口。
有名なこの屋根付きの市場は、迷路のように大路、小路が交錯し、四千以上の店がひし
めいている。
昔は、同業の店が区画をつくって商売をしていたことから、それぞれの小路には名前が
ついていて、名前からわかるとおり、絹織物屋小路、コーヒー店通り、毛皮帽屋通り、
ショール屋小路、宝石屋通り、仕立て屋通り…となんでもあり。
a0155659_1818818.jpg

各国の言語で客引きしていて、日本語ももちろんあり。そして、一歩立ち止まると、
「紅茶?それともりんご紅茶?」と聞いて来て、出前のおにいちゃんが持って来て
くれるので、それを飲みつつ、物色、値段交渉と、のんびりしてます。

このチャイが最高に美味しい。
チャイ、というと、インドのスパイスの効いた、ミルクティーだと思っていました。
トルコの紅茶は、二段式になったポットで入れる様になっていて、上段で濃く紅茶を
いれ、長い間蒸らし、ガラスのコップに注ぐ際に、ポット下段で沸かしておいたお湯
で薄め、キューブ上の砂糖を入れて飲みます。
長時間蒸すからか、香り高くて、量もコーヒーカップの3/1くらいなのでちょうど
いい。りんごのチャイは、リンゴジュースをのんでいるようなフルーティさ。
どちらも初めて飲む味で、はまってしまいました。
マーケットで、紅茶を1kg、チャイグラスを買ったけれど、肝心なポットを買う暇が
なく、普通に入れて飲んでるけれど、それでも美味しいです。
何が違うんだろう?

グランド・バザールより規模はずっと小さいけれど、私が気に入ったのは、「エジプ
ト市場」
。「スパイス・マーケット」という英語名のとおり、元々はインドやエジプ
トからの商品を卸して
いていたため、香料や生薬が多く、観光客でごった返すグランド・バザールよりも、地元
の人がずっと多い。
a0155659_19213025.jpg

a0155659_1848374.jpg

a0155659_18483721.jpg

イタリアではなかなか手に入らなかったり、手に入っても結構高い香料、ハーブ類、
ドライフルーツに大興奮!安いです。夫をおいて脳みそフル回転で買い物をしました。
悩んで買ったのは、胡椒、唐辛子、ガラムマサラ、ミント、サフラン、バニラの房、
ケシの実黒・白、チャイ、トルココーヒー、カモミール、エキナセア、ミックスハー
ブティー、ナッツ、イチジクやレーズンなどのドライフルーツ、ナッツ類etc...

そうそう、トルコ料理はなんでも美味しかったです。
ケバブ類はもちろん、魚料理、豆料理、肉料理すべてにスパイスが効いていて、何の
スパイスかわからないけど絶妙に美味しかったり、こんなスパイスいれるんだ!と
思ったり。お豆のスープ(ちょうど、トスカーナのパスタ・ファジョーリとそっくり)
にミントが入っているのには、はまりました。ミントの清涼感がこくのある豆ペースト
にぴったり。
あと、ざくろとオレンジの生絞りジュースが最高でした。
ざくろの季節になったら、家でやってみよう。
a0155659_19114682.jpg

こんな包装紙屋があったり、
a0155659_19132348.jpg

ランプ屋、
a0155659_19142389.jpg

石けん屋、調理器具屋、ビーズ屋、布屋、釘屋…ありとあらゆる店があり、屋根
のついていない場所は、1つ1つ店舗があって、合羽橋みたいな感じ。
a0155659_1923325.jpg

こちはら古本屋(グランド・バザール)
a0155659_19152874.jpg

夫はエドまっちゃんのみせも見つけたようです。気になる(笑)
それでも飽き足らず、イタリアに戻る日、午前中に少し時間があったので、一人で
エジプト市場に戻りました。夫はひとりで探索。あ〜楽しかった。


イスタンブールは散歩が本当に楽しい街。
a0155659_19304889.jpg

急な坂が多い街を、重そうな荷物を背負ってすり抜けていく人達。
a0155659_19294941.jpg

a0155659_19323320.jpg

a0155659_19331494.jpg

a0155659_19335911.jpg

巨大な貨物船が行き来して混雑している海。
a0155659_1935875.jpg

モスクの足洗い場
a0155659_19361751.jpg

小さなモスクの一角で、読経の練習をする子どもの声が響き渡っていました。

今回、見たのはイスタンブールのみ。
イスタンブールはローマととても似た趣きがあります。かつての大帝国で、多様な
文化が持ち込まれた場所。博物館にあるものが、紀元前○世紀、というものばかり。
でも、現代のローマと違うのは、躍動感。イスタンブールは、いまも活き活きとして、
この時代を動いてる…という躍動感を感じました。
それと同時に、連綿と続く歴史の中に包まれている、ちっぽけな自分の存在に、なんだか
ほっと安らぎを感じたり。うまく言えないけれど。

すっかり虜になった私と夫は、この夏の終わり、ピークが過ぎる頃に、トルコを
車で回ってみたいね、と夫と相談中。
見れば見る程、トルコのことをもっと知りたくなった旅でした。
[PR]
by grande-chico | 2011-06-23 19:55 | 旅の日記