トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

ニース フィギュア世界選手権2012・生観戦2

続いて女子フリー
a0155659_23162084.jpg

右上のフランスの選手、細いのにすごい筋肉!!

村上佳菜子選手
a0155659_21224237.jpg


イタリアのカロリーナ・コストナー選手
長い手足がよく映える、とても素敵な衣装。
a0155659_23564211.jpg


浅田真央選手
a0155659_23595049.jpg

a0155659_0144616.jpg

a0155659_0204790.jpg

写真が酷いのはもちろんだけれど、ずっと冴えない表情の真央ちゃん…
はじける笑顔をみせてくれるのをまた待っています。大変だった今シーズン、どうかゆっくり心身をやすめてください。

男子女子、レベルに関わらず、自分の満足する演技をした選手の笑顔は
本当に心が洗われる美しさ。
写真はないけれどカロリーナ・コストナーと鈴木明子選手の笑顔も本当に
素敵でした。
最終滑走のグループはカロリーナ、日本人選手全員(3名)で、息もつく暇もない。うちのカメラ係(おっと)も写真どころでなくなったのでした。

a0155659_024561.jpg

a0155659_024515.jpg

選手生活の長いベテランのカロちゃん、鈴木明子選手が勝ってよかったなぁとしみじみ。
カロちゃん、演技をTVみていた時は、スピードがあるけれど大体どこかのジャンプで崩れ始めて、荒い演技になってくる…という、安定感のないイメージがありました。生で見るカロちゃん、美しかった。

いかにもヨーロッパというバレエ的な表現の美しさ、スピード感、そしてこの日のすごい集中力。曲から衣装まで彼女の世界感ができていて、すごいものを見せてもらいました。
そして、高橋大輔選手にメロメロだったあのイタリア人解説者、もうマンマのような感激ぶり。
最後なんて感極まって声は裏返るわ、叫ぶわ、半泣きだわで、明子ちゃんの演技が始まっても頭はカロちゃん(一応ちゃんと解説はしていた、ややなげやり)でいっぱい。分りやすいね〜もう愛情たっぷりの解説でした。
彼女の演技はここ
国旗があがり、イタリアの国歌の大合唱が始まると、心に沁みました。

最終順位は、
1 Carolina KOSTNER [ITA] 189.94 /SP3 FS1
2 Alena LEONOVA [RUS] 184.28 /SP1 FS4
3 Akiko SUZUKI [JPN] 180.68 /SP5 FS2

4 Ashley WAGNER [USA] 176.77 /SP8 FS3
5 Kanako MURAKAMI [JPN] 175.41 /SP2 FS5
6 Mao ASADA [JPN] 164.52 /SP4 FS6
7 Kexin ZHANG [CHN] 157.57 /SP9 FS7
8 Valentina MARCHEI [ITA] 150.10 /SP11 FS9
9 Ksenia MAKAROVA [RUS] 149.48 /SP6 FS14
10 Elene GEDEVANISHVILI [GEO] 149.20 /SP7 FS15

イタリア人選手2名!
おまけ★会場入り口の様子
a0155659_1752545.jpg

そういえば、入り口で羽生選手が監督と会場入りしているのを見ました。普通にす〜っと入って行っていきました。

そうそう、チケットは1週間前くらいにとったのだけれど、余裕でとれました。
(しかも一枚チケットを買い忘れて前日にかったけど大丈夫だった)
フリーは満員だったけれど、ショートプログラムでは席がらがらのようだったし。

またいつか、どこかの国に応援にいきたいな〜。またヨーロッパであるかな?
日本は絶対チケットとれないからねぇ...
[PR]
by grande-chico | 2012-04-06 01:52 | 旅の日記