人気ブログランキング |

トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

きのこ三昧・栗ちょびっと

a0155659_1803561.jpg

赤いきのこ♪写真ひどいけど、本当にべっぴんさんでしたー

週末、山の家に行ってきたら庭がすごいことに・・・
a0155659_1814658.jpg

夏は雨が全然降らず、カラッカラだったのに、秋になってから雨がよく
降ってます。それゆえ、日陰部分の庭にきのこがもさもさ。
a0155659_186094.jpg

お化けみたいな白いきのことか、↑こういうのは食べられない。

ちなみに、ここは香り高いポルチーニの名産地。
その上、この日陰の庭にあるのは全部松の木。でもポルチーニは生えない我が家・・・残念すぎる。
一度大きすぎるポルチーニを庭に廃棄して、菌が育たないかやってみたけど、
だめでした(笑)


a0155659_188567.jpg

一方で、これはPinaroliピナローリという、食べられる美味しいきのこ。
フリットにしたり、パスタソースにしたり。
夫のおじいちゃんおばあちゃんも食べていたから、きのこの生える場所というのは変わらないのね。
雨が降ってたから、あとで採ろうと思っていたらすっかり忘れて帰ってきてしまいました。
また来週ね〜。

家の近くにある行きつけのレストランにて。
a0155659_18182556.jpg

山の家に行くと、一食はここ(私たちはda Marco"マルコのレストラン"と呼んでいる)に行って食事を楽しむのだけれど、季節の食材を使って、いつも何か新しいメニューを出してくれる。
前回の新メニューは、セコンドで じゃがいもとポルチーニを炒めたもの。
秋の香りを満喫。
a0155659_18235859.jpg

一方これは、私たちの大好きなアンティパスト、Borragineボッラージネのフリット。
田舎のレストランならではのメニュー。
Borragineは青い星形の花と、白い産毛に覆われた茎、葉っぱを持つ野草。
日本語では「ルリチシャ」(私は日本ではみたことないのだけれど)
ラビオリの詰め物にも使われます。

山の家では12度位まで下がっていたので、一週間前からこの秋初めて暖炉をつけました。あ〜冬の香り。
天気が悪かったけれど、気分転換に散歩も。
a0155659_18301814.jpg

羊も元気。

一方、お楽しみの栗はというと・・・
a0155659_1833855.jpg

私たちがstrada delle castagne栗の小道と呼んでいる、栗林が続く道。
ここで毎年栗拾いをしているんだけど、今年は栗が全然ない。。
a0155659_18382284.jpg

いつもは、1mも前に進めないくらい地面に栗がぎっしり、30分もすればビニール袋2つにずっしりなのに、今年は30分で500gくらい。
数年前から猛威をふるっている、中国からの虫害で木がやられているのに加え、夏の間に雨が全然降らなかったせいだとか。
実際木をみても、イガ自体がものすごく少ないし、落ちている栗も粒が小さかったり、虫にやられていたり。自然の法則とはいえ、本当に残念。
ちなみにオリーブの木も、中国からの虫害で実が全然なっていないとか。
a0155659_18451387.jpg

来週も探してみるけれど、かわらないんだろうな。。。
友達と栗拾いを一緒にしようと楽しみにしてたけど、これじゃお誘いもできなそう。

渋皮煮を楽しみにしてくれている家族はどうしよう。
このちょびっとの栗で作るか、お店で買い足すか、それとも栗ごはんにしちゃうか・・・
ここの栗は、とびきり美味しくて、また拾いたてだから皮もするする剥けちゃうのです。
買うのは嫌だなぁ・・・

う〜ん。
by grande-chico | 2012-10-15 18:54 | 山の家