トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

久々ジェノヴァと、忘れたくない事

夫の仕事について、今日ちょびっとジェノヴァに。
ジェノヴァへ行く高速道路は、トンネルが多く、運転が疲れるくねくねな道ばかり。
でもトンネルの合間合間に見える海の景色が、とても好き。

今日は珍しく電車で、しかもInterCityというローカル線じゃなくてFreccia Biancaという特急列車があったのでそれに飛び乗る(残念ながら行きのみ)。
a0155659_6372779.jpg

フフフ、それでも窓はこんなもんです

Inter Cityの電車は大抵、汚い・うるさい・大混雑、+夏は暑くて死にそうだったりする(冷房はあるけど効いていなかったり)ので、長く乗る時は一等車(ICは値段もそんなに変わらない)を大半。それと同じようチケットをとったら、Freccia Biancaだったので妙に綺麗&ほとんど貸し切りで旅行気分♪
(といってもドイツの電車とか、新幹線は別クラス。あ〜ドイツの電車に乗りたいな〜列車の旅したいな。。。)

ちなみに隣の車両は、電車に乗り損ねてたまたま乗ってきた小学校の遠足の子供達で動物園状態で、さっさと逃げてきた。
a0155659_6422060.jpg

きたない窓アゲイン、こんなのしかなくてすみません
途中、世界遺産Cinque terreチンクエ・テーレの村を通り抜けたりするので、風景を眺めるのが楽しい。でも写真はなし。

夫の仕事の間、一時間半くらいチェントロでぶらぶら。
ジェノバに用事で行く度に寄る、いつも地元の人でいっぱいのレストランでお昼を食べる暇もなく、仕事が終わるや否やダッシュ(といっても無理なので早歩き)で駅に向かい、電車に飛び乗って帰る。
電車は楽だけれど、ちょうどいい電車が一時間半に一本くらいなので、それを逃すと大変。

帰ったら最後のダッシュが効いたのか、久々の街歩きで疲れたのか、ソファーで爆睡、気づいたら外が暗くなっていた〜。

できるだけ体を動かそうと、
・講座に行く時は歩く(往復ゆっくりで35〜40分位)
・用事があるときは、できる限り徒歩で
・気づいたときにストレッチ+寝る前に必ずヨガ、マッサージ
・週末山では1〜2時間ゆっくり散歩
はしているけれど、それ以上は、まとまった時間がとれない日々・・・

今週は、講座で2つ試験を終えて、今月はあと1週間授業なし!わ〜い♪
ちょうどそんな時のジェノヴァ行きだったので、ほんの数時間だけどとても楽しかったのでした。

Carraraでは海辺を歩いたり、山では自然豊かな散歩道を歩けて楽しいけれど、街で買い物したりショーウィンドーをみながらぶらぶらするのが、なんだかとても新鮮。こども用品を見るのも楽しい。
東京ではいつでもできる事、していた事が、今の生活では逆になっているんだなぁ・・・

*********************************

今月最後の講座の授業中、気分が悪くなる。

原因はたいしたことではなくて、座り心地のあまりよくない椅子で前屈み(椅子の肘掛けついている小さなテーブルでノートをとるので)でお腹を圧迫していたこと、暑かった事、時期的にここ数日、急にお腹が大きくなって苦しくなってきている事などが重なったせいか、気づいたら冷や汗をかいていて、講師や友達に言われて一度教室を出た。

外で風にあたって休んでいたら、友達や、事務所の人が入れ替わり立ち替わり様子を見に来てくれて・・・

「大丈夫?」「何か飲み物いる?」「私も妊娠後期に急に気分が悪くなったことあったよ、なんともないのにまわりに心配されて救急車で運ばれちゃってね〜」、教室に戻ってからも、「椅子、もっと楽なのにかえておいたからね」「車で家までおくっていくよ」etc...

みんながとても優しくて、じーんとなる。

ずっと体調良く過ごしているし、一時的に気分が悪くなっても特に不安はなかったけれど、特に子供がいる友達が自分はこうだったよ、と私をリラックスさせるために色々と話をして聞かせてくれて、すごく温かい気持ちになった。

ちなみにその日は後半、テスト(選択問題と筆記が半々くらい気軽なもの)、会計とか税関連の科目(超基礎、でも私には知らない単語がいっぱい)。
前屈みがしんどいのと、頭が働かなくて全然集中できないのとで、筆記を後回しにしてとりあえず選択問題からのろのろやっていたら(いずれにしても、読むだけでもまだイタリア人の倍かかる)、途中で友達が、

友達:「できた?気分はどう?」←すでにやり終わった
わたし:「まだ、とりあえず選択問題だけやって、筆記をやるとこ」
・・・心配したのか友達、ペロッと自分の答案を私に差し出してきた!!(笑)

もともと確認テストみたいな気軽なものだから、わからないところは質問したり、ディスカッションできるけれど、さすがにこれはびっくり。さすがイタリア??

イタリアに住み始めてから、本当に周りの人に助けてもらってばかり。
できないうちは、その好意に甘えよう、そしてしっかり感謝して忘れないでいよう。と思って過ごしてきたけれど、今また、色んな人が益々気を遣って、大事にしてくれる。

そのことをちゃんと忘れないでいよう、マイペースも大事だけれど、もっともっと努力していかないとダメだ、とずしんと響いた午後のひとときでした。

とりあえず・・・この休みの間に、講座の復習、復習!
あと、渋皮煮と、インテリアのプランを考えて、医者関係の諸々・・・
ソーイングもしないとな〜
[PR]
by grande-chico | 2012-10-26 07:30 | イタリアでの日々