トスカーナの日々と旅と

superchico.exblog.jp

栗の渋皮煮と塩麹さん

楽しみにしてくれている人がいるので・・・今年もやっぱり栗の渋皮煮。
a0155659_2231344.jpg

時間の余裕がないのと、栗拾いで拾えた量が少なかったので、栗1.5kg分。
筋も適当に取り除いただけ、薄皮やぶれまくりでもやっぱりおいしい、秋の味。

ちなみに、いざ砂糖を入れて煮ようと思ったら、砂糖を買っていないことに気づく。
そうだ、栗と同量という恐ろしいほどの砂糖を使うんだった、このお菓子・・・
結局、あるだけの白砂糖とzucchero di canna(きび砂糖)半量ずつ合わせて、いつもより200〜300g少ない量で作ってみる。
きび砂糖がクセが出ないかと心配だったけれど、全然わからない。それにシロップの量は少なくなったけれど、いつもより栗自体のやさしい味がする気がする。新たな発見!

我が家の砂糖事情・・・
味や色にひびくお菓子以外はほとんどきび砂糖。
zucchero di cannnaでも、オーガニックのintegrale(精製していないもの)とふつうのものを常備していて、integraleはかなり風味が強いので使うものを選ぶけれど、私たちはいつもcaffèを飲むときに使用。尖った甘みじゃなく、優しい甘さなのでコーヒーの風味を引き立てるように思う。
最近は、バールでも白砂糖ときび砂糖だけじゃなくて、integraleのきび砂糖を置いているところが増えてきていて、うれしい。


昨日から10度くらい気温が下がり、一気に冬がやってきた感じ。6度位まで下がりました。
山の頂上が白くなっていた。コートを出さないと・・・
昨日スーパーに行ったら、お待ちかね白菜がでていましたっ!
私が住んでいるところのスーパーは、本当の旬の時しか白菜が入荷しない(まぁこれが本来のあるべき姿だけど)。オーガニックの野菜をうっているお店で白菜を見つけたので、旬以外はそこで買うようになったけれど、小さくて高い・・・そしてあまり新鮮じゃない。なので白菜がスーパーに並ぶとものすっごくうれしく、あぁ冬が来てるんだな〜と感じるのです。

寒くなってきたし、週末の食事で胃が疲れたし、今晩は鍋〜♪
a0155659_22355226.jpg

常備している塩麹(帰国している間も冷蔵庫で変わらず元気でいてくれた)と、
a0155659_2237441.jpg

骨付きの鶏でだしをとって・・・
今晩は鳥鍋です〜。あぁなんて簡単、最高。
a0155659_22374456.jpg

うちの土鍋、2人用のため、2人の夕食には小さい(大量に食べるし、煮始める時に野菜が溢れる)。。
もっと大きいのを買ってこないとだめかなぁ。
2人暮らしを始めるあなた、鍋は大きめのがおすすめですよー!


そうそう、つわりの最中にパンを全然焼く気分になれず、ブドウの天然酵母を死なせてしまい、その後も日本に行っていたりでしばらく酵母なし。
たま〜に生ビール酵母でパンを焼くか、パンを買っていたけれど、やっぱり天然酵母のパンが恋しい・・・
そして今イチなパンを買ってくるたび、「きみのパンの方が美味しい」と、さりげなくせがむ夫・・・
うまいねーキミ

酵母を仕込むのに、オイルコーティングされていないブドウがなかなか見つからないので、今回はライ麦酵母を先日やっと仕込みました。
気温が低いのでなかなか育たず(セントラルヒーティングもまだついていない)、でもそろそろパン食べたいなっ♪と期待を込めて今朝みてみたら・・・
カビがわいておりました。ずーっと雨だったもんね・・・

なので、また仕込みなおし。
はやくパンが焼きたいっ
[PR]
by grande-chico | 2012-10-30 00:30 | 季節の保存食